レビュー
» 2014年07月14日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:仮想化を活用したディザスタリカバリ計画実践ガイド

仮想化技術により、従来型のデータ回復ソリューションが抱える「コスト vs 時間」というジレンマを解決。迅速かつコスト効率高く全てのサーバワークロードを回復する方法とは。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 予想できない天災や人災、IT予算の削減、データ量の急増、新たな規制要件などにより、ディザスタリカバリの重要性が高まっている。その結果、企業は現在、ディザスタリカバリ計画を再評価および更新する必要に迫られている。現在、ディザスタリカバリに関しては何百ものソリューションが用意されているが、それらのソリューションの評価基準となるのがコスト、パフォーマンス、リスクです。

 このホワイトペーパーでは、維持管理総経費の測定やパフォーマンスの測定といったディザスタリカバリソリューションの評価方法を解説するとともに、仮想化技術を活用したコスト効率の高いディザスタリカバリの方法を示す。実際の障害発生時には、徹底的にテストされたディザスタリカバリ計画しか役に立たない。従来型のデータ回復ソリューションが抱えている「コスト vs 時間」というジレンマを解決し、迅速に全てのサーバワークロードを回復する仮想化を活用したディザスタリカバリのメリットを解説しよう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -