レビュー
» 2014年07月24日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:IDCがRed Hat Enterprise Linuxの投資対効果を徹底調査 Linuxコスト削減効果リポート

企業システムでの導入が広がっているLinux OS。コスト削減効果が注目されているが、実際に導入企業はどのような効果を得ているのだろうか。IDCが実施した投資対効果(ROI)調査の結果を具体的な金額でリポートする。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 急速に拡大するIT環境をサポートする重要な基盤として、Linuxの活用が注目されている。Linuxは低コストな運用環境として評価されており、アプリケーションやデータベースの配備に利用されている。多くの組織でWebサーバ配備の中核として利用されており、基本的なファイル、印刷、ユーティリティのワークロードから、物理マシン、仮想マシン、クラウド上でのミッションクリティカルなアプリケーションとデータベースを実行するまでに進化している。

 このようにLinuxの活用が広がるにつれて、可用性やセキュリティ、パフォーマンスを高水準に保ったLinux環境の運用が、ビジネスの成功にとって不可欠になるでは、実際にLinuxに投資している企業はどれほどの効果を得ているのだろうか。

 このホワイトペーパーでは、IT専門の調査会社であるIDCが2013年に実施した、アジア/太平洋地域(APAC)を含む「Red Hat Satellite」導入企業における投資対効果(ROI)の調査結果をリポートする。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ