ニュース
» 2014年07月25日 07時09分 UPDATE

欧州中央銀行のWebサイトから情報流出、データベースが破られる

流出した情報に関して、ECBに金銭を要求する匿名のメールが届いたことから事態が発覚したという。

[鈴木聖子,ITmedia]

 欧州中央銀行(ECB)は7月24日、公開Webサイトのデータベースのセキュリティ対策が何者かに破られ、ECBのイベントに登録していたユーザーのメールアドレスなどの情報が盗まれたと発表した。

 発表によると、ECBが主催するカンファレンスやECB訪問といったイベントの参加登録を受け付けるWebサイトのデータベースサーバが、脆弱性を悪用されて被害に遭った。流出した情報に関してECBに金銭を要求する匿名のメールが届いたことから事態が発覚したという。

 大半のデータは暗号化されていたが、登録者のメールアドレスと住所、電話番号については暗号化されていなかったという。内部のシステムに侵入されたり、センシティブなデータが流出したりした形跡はないとしている。

 ECBは情報が流出した可能性のあるユーザーに連絡を取るとともに、念のためパスワードを変更するよう促している。ドイツの警察にも通報し、捜査が開始されたという。脆弱性についてはセキュリティ専門家が対応したとしている。

ecbpr01.jpg 情報漏えいを明らかにしたECB

関連キーワード

データベース | 脆弱性 | Web | 情報流出


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -