ニュース
» 2014年08月18日 12時27分 UPDATE

IBMのx86サーバ事業、Lenovoへの売却を米当局が承認

Lenovoへのx86サーバ事業売却について対米外国投資委員会が承認した。

[ITmedia]

 米IBMは現地時間の8月15日、対米外国投資委員会(CFIUS)からx86サーバ事業のLenovoへの売却に関する審査完了通知を受領したと発表した。同社は「IBMおよびLenovo、顧客、従業員にとって朗報であり、関係者はこの取引の完了を待ち望んでいる」とコメントしている。

 IBMは、2014年1月にx86サーバ「System x」やブレードサーバ「BladeCenter」「Flex System」などのx86サーバ事業をLenovoへ売却すると発表。売却規模は約23億ドルで、CFIUSが取引に関する審査を行っていた。国内ではレノボ・ジャパンが6月に設立した「レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ」が日本IBMのx86サーバ事業を継承することになっている。

 取引承認を受けてIBMは、「コグニティブ・コンピューティング、ビッグデータやクラウドといった領域において顧客に新たな価値を提供するシステムやソフトウェアのイノベーションに注力でき、x86サーバの顧客が今後強力なパートナーを得ることが明確になった」との声明も発表している。

関連キーワード

IBM | レノボ | x86サーバ | 売却


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -