レビュー
» 2014年08月27日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ライセンス管理で市場ニーズに合ったソフトウェアを開発する方法

魅力的なソフトウェアを提供するには、市場のニーズに対応した製品を迅速に投入したい。ライセンスの一元管理でそれが可能になる。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 「どうしたら自社のソフトウェアがもっと売れるか?」

 「もっと魅力的なパッケージにするにはどうすればいいか?」

 ソフトウェア開発会社が自社のソフトウェアをより魅力的なパッケージにして売り上げを伸ばすには、使用期間限定キャンペーンや、簡易版ライセンス販売などマーケットのニーズに迅速に対応できる製品の投入が重要だ。だが、そういった柔軟な仕組みを自社で行うには大きな要件の変更が必要になる。

 本項では、ライセンス管理を一元化することで、上記の課題を解決するソリューションを紹介する。エンタイトルメント(使用権限)の生成、登録、アクティベーション、ライセンス配布など、ライセンス業務のプロセスを一元化および自動化が可能。GUIで期間、機能、回数をそれぞれ限定した要件をパッケージングでき、ニーズに応じた提供が行える。また、どの機能が使われているかといったデータ分析やレポート作成も行える。これにより使用頻度の多い機能の改善に注力することが可能だ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ