ニュース
» 2014年09月22日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Computer Weekly日本語版 :企業はApple製品を受け入れるべきか?

社員はApple製品を好むが、Appleは企業サポートに消極的。それでもApple製品を導入すべきなのか? 他に、AppleとIBMの提携がMicrosoftに与える影響、短縮URL悪用事件の分析リポート、インメモリデータベース技術・市場動向解説などをお届けする。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ge_cw140922.jpg

 Computer Weekly日本語版 9月3日号は、以下の記事で構成されています。

■Microsoftを追い詰めるApple−IBM連合の脅威

 IBMはAppleと提携することで、業界に特化した統合アプリケーションを「iOS」向けに開発するとみられている。この事態に、Microsoftは対応を迫られている。

■Bitlyの短縮URL悪用事件に見る、正しい短縮URLの使い方

 Bitlyの短縮URLが悪用された事件により、ニュース放送局やニュースWebサイトの短縮URLに寄せられる信頼が揺らいだ。

■レスポンシブサイト導入で見えた、モバイル/デスクトップの役割分担象庁

 総合旅行予約サイトは、モバイルからのアクセスによる購入を増やすため、レスポンシブWebサイトを導入した。だが、サイト利用者の新たな傾向が浮き彫りとなった。

■企業導入が進むApple 製品だが、「Apple はIT サポートの提供を恐れている」

 コンシューマライゼーションの高まりを背景に、Apple製品の企業導入が進んでいる。だがAppleは企業ITのサポートに消極的であり、課題も多い。

■単なるRAMディスクではない、インメモリデータベース基礎の基礎

 メモリにデータを配置して処理するインメモリデータベースの活用には、その技術的特性を理解しておく必要がある。


ダウンロードページに進む

Kindle版のダウンロードページに進む

EPUB版のダウンロードページに進む

Computer Weeklyは、IT戦略やセキュリティ、モバイルコンピューティング、ITアウトソーシングなどの各種分析、事例、インタビュー記事を週刊で配信している1966年にイギリスで創刊されたITプロフェッショナルに向けた媒体で、2011年5月より、米国TechTarget社がデジタルマガジンとして発行しています。


TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ