ニュース
» 2014年10月14日 17時14分 UPDATE

NECと米Cloudera、「Apache Hadoop」で協業

ビッグデータを分散処理するためのソフトウェアフレーム「Apache Hadoop」による大規模分散処理基盤ソフトウェア分野の協業を進める。

[ITmedia]

 NECは10月14日、米Clouderaと協業に合意したことを発表した。

 Clouderaは、大規模データを効率的に分散処理・管理するためのオープンソースミドルウェア「Apache Hadoop」のディストリビュータ。Apache Hadoopの効率的な導入と安定稼働を実現するためのHadoopディストリビューション「Cloudera Enterprise」を提供している。

 「Apache Hadoop」は、ビッグデータを分散処理するためのソフトウェアフレームワークで、最大数千台のサーバによりペタバイトクラスのデータのバッチ処理を可能にする。オープンソースソフトウェアのコミュニテイであるApacheソフトウェア財団のトップレベルプロジェクトとして開発、公開されている。

 NECはサーバ、ソフトウェア、クラウドサービス、システムインテグレーション、トレーニングについて、Clouderaの提供する製品、サポート、プロフェッショナルサービスと連携し、ビッグデータ処理に最適な製品やサービスを開発、販売していく。

 このサービスを利用するユーザーは、NECによるビッグデータを活用するシステム全体の設計・構築・運用・トレーニングや、Clouderaの専門技術者による「Apache Hadoop」に関する設計時のプロフェッショナルサポートや開発運用時の保守サポートまで、全フェーズで高度な支援を受けることができる。

関連キーワード

Apache Hadoop | Cloudera | NEC(日本電気)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ