ニュース
» 2014年10月15日 17時20分 UPDATE

ITpro EXPO 2014 Report:宙を舞う指で認証も、ARとスマートグラスを使う入力技術が出現

のぞき見も盗撮もできない“安全な情報入力”を可能にするという技術をNTTデータがお披露目した。

[國谷武史,ITmedia]

 NTTデータは10月15日、AR(拡張現実)やスマートグラスを使って情報を入力する新技術を発表した。東京ビッグサイトで開催中の「ITpro EXPO 2014」会場に出品している。

 新技術はユーザーが装着したスマートグラスに表示するAR画像を指などでなぞると、情報を入力できる。同社ではAR画像に触れる身体の動きを認識する技術などを開発。メガネに組み込むタイプやフレーム部分に装着可能な外付けタイプなどを紹介している。

ndt002.jpg NTTデータが開発したデバイスはかなりスタイリッシュです
ndt001.jpg スマートグラスに表示されたARを指で“触れている”ところ
ndt003.jpg スマートグラスの白く見える部分にARが表示されています
ndt004.jpg 表示されるARや指の操作はこんな感じ

 これによってキーボートやタッチパネルなどが不要になり、屋外の作業現場など情報端末の操作などに制約を伴う環境での活用、また、暗証番号など機密性の高い情報を入力する際のマルウェアなどによる盗聴や盗撮対策としても期待される。特に認証操作にARを活用するケースはあまりないという。

 今後はこの技術を含めたウェアラブルデバイスの実証実験を進め、2015年に実用化を目指す。2018年までに50億円の売上を計画している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -