ニュース
» 2014年10月29日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:クラウド型デスクトップ(DaaS)に立ちはだかる、Windowsライセンスの壁

DaaSの前に立ちはだかる大きな課題の1つは、Windowsライセンスだ。米Microsoftは、共有パブリッククラウドでWindowsを実行することを認めていない。また、難解なライセンス体系がサービスを複雑化させている。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 クラウド事業者が仮想デスクトップをユーザーに配信するタイプの仮想デスクトップサービス「DaaS(Desktop as a Service)」。DaaSは、外出先の従業員に仮想デスクトップを提供するための、低コストでスケーラブルな方法としてIT部門の間で人気を集めている。中には、「VDI(仮想デスクトップインフラ)」の代替選択肢としてDaaSを検討するIT部門も出てきている。

 ただし、クラウド型デスクトップにはレイテンシ、セキュリティ、ライセンスコストといった潜在的な問題が潜んでいる。中でも厄介なのがWindowsライセンスの問題だ。DaaSのライセンスはなぜこうも複雑なのか。このコンテンツでは、DaaSの動向とともにWindowsライセンスの課題を分析する。


ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -