ニュース
» 2014年11月12日 17時19分 UPDATE

日本企業31社のサイバー犯罪被害額は平均7億800万円

日本ヒューレット・パッカードが実施した調査によれば、被害額の最大は約26億円、最小は1億2400万円だった。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードは11月12日、日本企業でのサイバー犯罪被害について調べた最新結果を発表した。対象となった31社の年間平均被害額は7億800万円で、3年に前に比べて76%増加した。

 調査よると、最大被害額は25億8900万円、最小額は1億2400円だった。2013年比でも5.7%増加している。成功してしまった攻撃回数は週平均49回に上る。解決に要した期間は平均25日だが、内部関係者によるケースでは同57日にもなった。

 業界別では金融サービスやテクノロジー、通信で特に被害規模が大きくなり、被害規模を大きくする犯罪としては内部犯行やWebベースの攻撃、ウイルス、ワーム、トロイの木馬が56%以上を占めた。

 調査はオーストラリア、フランス、ドイツ、英国、米国でも同時に行われた。平均被害規模の最大は米国企業の1270万ドル、最小はロシア企業の330万ドルだった。

関連キーワード

企業 | 調査 | サイバー犯罪


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ