ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サイバー犯罪」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サイバー犯罪」に関する情報が集まったページです。

「セキュリティ研究者やペネトレーションテスターが罰せられる可能性もある」と警告:
Google、国連サイバー犯罪条約は「サイバーセキュリティの取り組みを脅かす」と主張
Googleは、国連加盟国が締結に向けて議論している「国連サイバー犯罪条約」について、サイバーセキュリティを脅かす可能性があると公式ブログで主張した。サイバーセキュリティ研究者やジャーナリストなどが罰せられる可能性があるとしている。(2024/2/20)

Cybersecurity Dive:
2023年の情報漏えい数は過去最高に 被害を隠そうとする上場企業たち
ITRCによると情報漏えい被害を受けた組織は、これまで以上に重要な情報を隠しており、通知の透明性が揺らいでいるという。(2024/2/17)

マルチモーダルAI、小規模言語モデル、シャドーAIなど:
IBM、2024年に注目すべき9つのAIトレンドを解説
IBMは、2024年に注目すべき最も重要な9つのAIトレンドを公式ブログで解説した。(2024/2/16)

CODE BLUE 2023レポート:
ランサムウェアは“波及”する――ハッカー医師が語る医療セキュリティの現実
医療業界を狙ったサイバー攻撃が日々報道で話題になる中、二人の“ハッカー医師”が「被害を受けなかった近隣の病院」への影響に着目して調査を実施した。どのような結果が得られたのだろうか。(2024/2/16)

ITmedia Security Week 2023 冬:
「サイバー脅威ランドスケープ」とは――名和氏が訴える、その有効性と利用シーン
2023年11月28日、アイティメディアが主催するセミナー「ITmedia Security Week 2023 冬」の「実践・ゼロトラストセキュリティ」ゾーンで、サイバーディフェンス研究所 専務理事 上級分析官としても活躍する名和利男氏が「組織を守るために必要なサイバー脅威ランドスケープの把握」と題して講演した。あまり耳慣れない「サイバー脅威ランドスケープ」とは何か。なぜ注目すべきなのか。本稿では、講演内容を要約する。(2024/2/20)

ITmedia Security Week 2023 冬:
AI、RPA、DBがサイバー攻撃を「デジタル災害」に変化させた今、取り入れたい4つの対抗手段
2023年11月28日、アイティメディアが主催するオンラインセミナー「ITmedia Security Week 2023 冬」の「実践・ゼロトラストセキュリティ」ゾーンにおいて、ニューリジェンセキュリティ CTO 兼 クラウドセキュリティ事業部長 仲上竜太氏が「デジタル災害化するサイバー攻撃に対処するゼロトラストの最新像」と題して講演。仲上氏がもはや“災害”と表現するサイバー脅威の現状を明らかにするとともに、企業や組織がどのようにこの“災害”に対応すればいいのかについて解説した。(2024/2/13)

名刺管理「Sansan」不正アクセスし閲覧 容疑の不動産販売会社員の男逮捕 営業に利用目的か
法人向け名刺管理システム「Sansan」の運営会社社員になりすまし、利用者からIDとパスワードを入手してシステムに不正アクセスしたとして、警視庁サイバー犯罪対策課は不正アクセス禁止法違反の疑いで、不動産販売会社「GRANDCITY」社員、片岡和真容疑者(37)=東京都台東区小島=を逮捕した。容疑を否認している。(2024/2/9)

警察庁にサイバー専門の“特捜部” 国際協力強化へ、人員・肩書もアップ
捜査に国際協力が欠かせない中、体制強化だけでなく、各国捜査機関と格を合わせる狙いもある。(2024/2/9)

警察庁にサイバー専門の特捜部 国際協力強化へ、人員・肩書もアップ
警察庁にサイバー犯罪専門の特捜部が誕生する。正式名称は、サイバー特別捜査部。(2024/2/8)

セキュリティニュースアラート:
日本が攻撃者にとって“魅力的な標的”であるワケ CYFIRMA調査レポート
CYFIRMAはAPAC地域における脅威ランドスケープレポートを公開した。地政学的緊張の高まりに伴いサイバー脅威が増加していることが示されており、日本が攻撃者にとって魅力的な標的であることも分かっている。(2024/2/6)

Cybersecurity Dive:
世界100カ国超の企業に聞いた「今年最大のリスク」ランキングとその背景
企業のビジネスリスクにおいて最大の懸念は何か。損害保険会社が発表した年次企業リスク調査から明らかになった。(2024/2/4)

サイバーセキュリティ:
「建設業がサイバー犯罪のターゲットになる脅威は増加」 日建連が情報セキュリティ強化呼びかけ
日本建設業連合会は政府の「サイバーセキュリティ月間」(2024年2月1日〜3月18日)に合わせ、会員企業に情報セキュリティ対策の強化を呼びかけた。新たに作業員/社員向けの情報セキュリティ啓発ポスターや、経営者向けの教育/研修用動画を公開し、協力会社への指導も含めた協力を要請した。(2024/2/1)

サプライチェーンリスク管理は待ったなし:
サプライチェーンのリスクを評価、軽減するための8つのヒント
ESETは公式ブログで、サプライチェーンのサイバーセキュリティリスクを評価、軽減するための8つのヒントを紹介した。(2024/1/30)

セキュリティニュースアラート:
2024年に流行る犯罪手法は何か? カスペルスキーがダークWebの市場動向から探る
カスペルスキーは2023年のダークWeb市場動向を分析し、2024年の予測を発表した。情報窃取型マルウェアやクリプトドレイナーサービスの需要増加が見込まれる。(2024/1/29)

Macを安全に使うには【第1回】
「Windows」ではなく「Mac」が危ないのはなぜ? Appleの“安全神話”は崩壊か
MacをはじめとしたAppleデバイスは攻撃されない――。これは大きな誤解だ。過去には間違いではなかったが、脅威の状況は変わっている。Macを狙った脅威はどれほど増えているのか。(2024/1/26)

セキュリティニュースアラート:
2023年Q4のフィッシング攻撃で最も悪用されたブランドとその手口とは?
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは2023年第4四半期のブランドフィッシングレポートを公開した。悪用されているブランドとその手口が公開された。(2024/1/24)

外交官を狙った「Cozy Bear」の攻撃【後編】
「一般公開のメールアドレス」が危ない BMWでだます攻撃が広がる実態
サイバー犯罪集団Cozy Bearは、外交官を標的にした攻撃活動を実施している。Cozy Bearはどのようにして標的の狙いを定めているのか。要注意の国とは。(2024/1/22)

Cybersecurity Dive:
偽物の宅配を利用したフィッシングキャンペーンに要注意
緊急連絡や不在通知を装った偽のテキストメッセージは、偽物の宅配業者と正規の顧客との間に緊張をもたらす可能性がある。(2024/1/21)

この頃、セキュリティ界隈で:
世界の筆頭リスクは「虚偽情報」、世界経済フォーラムが発表 AI台頭で危険増大か “AI×核兵器”にも警告
世界経済フォーラムがまとめた「グローバルリスクレポート2024」で、「虚偽情報」が初めて今後2年の10大リスクの筆頭に浮上した。背景にあるのはAIの台頭で、選挙介入からサイバー犯罪、軍事目的などでAIが利用される危険性を指摘している。(2024/1/19)

CODE BLUE 2023レポート:
リサーチャーが徹底分析 脅威アクターAmoeba(アメーバ)の実態とその手口を解き明かす
TeamT5は中国の後ろ盾を得て全世界で攻撃を展開している脅威アクター「APT41」(通称:Amoeba)を詳細に分析した。彼らの攻撃手段や戦術、細かな工夫からその狙いを解説しよう。(2024/1/19)

Splunkが「2024年の予測レポート」を発表 経営層、CISO、CIOが知るべき最新トレンド
Splunkは「2024年の予測レポート」を発表した。AI時代に向けて「エグゼクティブ」「セキュリティの専門家」「オブザーバビリティの専門家」が知るべきトレンドをまとめた。(2024/1/19)

「ノーウェアランサム」が活発【中編】
ノーウェアランサムをなぜ防げない? 背景に“あのファイル転送ツール”
Clopをはじめとした“暗号化しないランサムウェア攻撃グループ”は全リソースを集中し、攻撃活動を広げている。そのような活動ができる背景には、何があるのか。(2024/1/16)

Weekly Memo:
「生成AI」はセキュリティをどう脅かすのか? 大手5社の脅威予測から探る
2024年も話題の中心になりそうな生成AI。そのリスクを大手セキュリティベンダーはどう見ているのか。トレンドマイクロやVeeam Software、Trellix、CrowdStrike、そしてネットワーク大手でセキュリティも手掛けるCisco Systemsが発表した脅威予測から探る。(2024/1/15)

セキュリティニュースアラート:
非営利団体はなぜサイバー攻撃者にとって「おいしい」ターゲットなのか
「非営利団体はサイバー攻撃の標的として非常に魅力的」だという意外な指摘が公表された。なぜ大企業ではなく非営利団体が狙われるのだろうか。(2024/1/15)

外交官を狙った「Cozy Bear」の攻撃【前編】
「BMWの格安中古車」はまさかの偽物だった? 外交官を狙った巧妙な手口
ロシアが侵攻したウクライナで働く外交官を標的にした攻撃活動が活発だ。攻撃者はロシア政府が絡むCozy Bearだ。高級車を餌にして、標的をわなに掛ける方法とは。(2024/1/15)

セキュリティニュースアラート:
保護すべきデータは今後5年で7倍に Rubrikが2024年のサイバーセキュリティ動向予測を発表
Rubrikは2024年のサイバーセキュリティ動向5大予測を発表した。デジタルデバイスやAI、SaaSなどの拡大によって組織が保護すべきデータ量が増加すると予想されている。(2024/1/11)

「ノーウェアランサム」が活発【前編】
暗号化はもう古い? データ窃盗で台頭した「新型ランサムウェア」の脅威
Cisco Systems系セキュリティ研究部隊は「標的システムを暗号化しない」ランサムウェア攻撃が活性化していると見て、警戒を呼び掛けている。攻撃者は誰なのか。(2024/1/10)

半径300メートルのIT:
筆者が気になる2024年のセキュリティトピック AIやランサムウェアは今後どうなる?
新年第1回目の本コラムでは、セキュリティベンダー各社が公開している2024年のサイバーセキュリティ脅威予測の中でも筆者が興味深いと感じたものをピックアップして紹介します。(2024/1/9)

「第三の創業」へのチャレンジ:
PR:プロットからCYLLENGEへ 「社会をサイバー犯罪から守る」挑戦は続く
創業57年目のプロットはCYLLENGEに社名を変更した。長年守ってきた社名をなぜ変えるのか。現在を「第三の創業」と位置付ける同社が描く展望とは。印刷事業を経てインターネット事業にかじを切った過去の挑戦を振り返りつつ、新社名に込めた思いを同社社長に聞いた。(2024/1/5)

セキュリティニュースアラート:
悪意のあるプロンプト作成がサービス化? ウィズセキュアが2024年の動向予測
ウィズセキュアは2024年におけるサイバー脅威を取り巻く環境に関する予測コメントを発表した。サイバー犯罪の専門化やAIを悪用した攻撃の進歩についてまとめている。(2024/1/4)

ランサムウェア攻撃集団Rhysidaの手口
英王室の医療情報を狙ったランサムウェア攻撃集団Rhysida 医療データを公開か
ランサムウェア攻撃集団Rhysidaが、英王室と縁の深い病院に攻撃を仕掛けた。報道によるとRhysidaは、王室の医療データと引き換えに身代金を要求している。被害の全容と攻撃の手口は。(2023/12/27)

この頃、セキュリティ界隈で:
2024年に流行るサイバー攻撃は? 注目はやはりAI それ以上に押さえておくべき基本とは
2023年は「ChatGPT」のような生成AIが急激に台頭し、サイバー攻撃を仕掛ける側も防ぐ側も、AIの活用に注目した年だった。2024年はどのような手口が増えると予想されるか。サイバーセキュリティ各社がその予測をまとめている。(2023/12/26)

「電子メールの量が最大100倍に増加する可能性も」:
休暇中のサイバー攻撃から組織を守るためにできる、10のこと
Backblazeはホリデーシーズン中にサイバー攻撃や組織犯罪からビジネスを守るためにできる10の対策を同社のブログで紹介した。(2023/12/25)

脆弱性「Citrix Bleed」の悪用が活発化【前編】
犯罪集団「LockBit」が“パッチ公開前”から悪用か Citrix製品の危ない脆弱性
広く普及しているCitrix Systems製ネットワーク機器の脆弱性がランサムウェア攻撃に悪用されている。どのような脆弱性なのか。詳細を見ていこう。(2023/12/25)

千葉の国立木更津高専にサイバー人材育成拠点、出前授業や企業アドバイザーにも
サイバー攻撃の脅威に対抗し、独立行政法人国立高等専門学校機構はインターネット関連の最先端の技術を磨き、攻撃を防げる人材の育成に乗り出した。(2023/12/18)

Cybersecurity Dive:
Microsoftが「最も危険な金融犯罪グループ」と評するScattered Spider その実態は?
ラスベガスのカジノ業界を狙った一連のサイバー攻撃の背後にいる攻撃者はソーシャルエンジニアリング攻撃の達人が集まった巧妙な組織だ。(2023/12/17)

セキュリティニュースアラート:
OfficeやPDF形式のファイルの悪用が増加 2023年カスペルスキー調査
カスペルスキーは2023年のサイバーセキュリティに関する年次統計レポートを発表した。2023年1〜10月までの10カ月間で検知した悪意あるファイルの件数は2022年から3%増加し、1日当たり41万1000件だった。(2023/12/14)

セキュリティニュースアラート:
「生成AIは犯罪の役に立つのか?」 ダークWebの中でも意見分かれる
ソフォスによると、サイバー攻撃者はChatGPTをはじめとした生成AIを悪用して高度かつ大規模な詐欺を実行できる可能性があるという。同社は一方で多くのサイバー攻撃者がAIに懐疑的であることを示す調査も公開した。(2023/12/14)

クライムウェアに備えよ
注目すべき4つのサイバー攻撃 どうやって対応すればよいのか
サイバー犯罪の手口はここ数年であまり変化していないという。なぜだろうか。それは従来の手口だけで攻撃がうまくいくからだ。基本的な対策ができていない組織が狙われている。相手の手口を知り、守りを固めよう。(2023/12/6)

アラクサラとの融合も強調:
Fortinetが考える「1つのOSで守る」という手法
フォーティネットジャパンは2023年12月1日、同社のイベント「Accelerate Japan 2023」に合わせて記者説明会を開催。Fortinetの創業者、取締役会会長 兼 CEOのケン・ジー氏と、2023年7月からフォーティネットジャパン 社長執行役員に就任した与沢和紀氏が登壇し、事業戦略を語った。(2023/12/7)

クラウドストライク合同会社提供Webキャスト:
MDRでランサムウェア攻撃は防御できるのか? 典型的攻撃シナリオのデモで確認
従来型のアンチウイルス製品では、未知のマルウェアやファイルレス攻撃を防ぐことは難しくなっている。そうした中で注目されるのが、次世代アンチウイルスを搭載したMDR(Managed Detection and Response)だ。(2023/12/4)

医療現場の「生成AI」活用例と注視すべき点【後編】
「生成AI」が招く“4大リスク”とは? 医療現場は要注意
コミュニケーションが頻発する医療現場では、対話が可能な生成AIへの期待が高まりつつある。ただし医療機関が生成AIを活用するに当たっては、幾つかの課題を考慮する必要がある。4つのリスクにまとめて紹介する。(2023/11/30)

ロシア系ハッカー集団「Storm-0978」の手口【後編】
Microsoft製品が狙われる――対策に使えるWindowsの“あの機能”とは?
多彩な攻撃手法を用いるロシア系サイバー犯罪集団「Storm-0978」は、Microsoft製品の脆弱性を悪用している。Storm-0978による攻撃に有効なセキュリティ対策とは。(2023/11/26)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(91):
製造業への「侵入」は簡単であり難しい?
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。今回は、さまざまなセキュリティのテストを通じて自社の防御に穴はないかを確認するための「ペネトレーションテスト」について考察したいと思います。(2023/11/24)

「倫理的ハッキングとAI」の実態【後編】
“ほとんどの世代”には想像し難い「若年層ハッカー」が増える理由
若い世代は、ホワイトハッカーの分野でも攻撃の分野でも存在感を高めている。なぜ若い世代によるハッキングが広がっているのか。ホワイトハッカーを対象にした調査を基に、その背景を探る。(2023/11/24)

明らかになった「MSA攻撃」の詳細【後編】
中国系犯罪グループが「Microsoftアカウント」に入り込めた本当の理由
サイバー犯罪集団「Storm-0558」はなぜ、「Microsoftアカウント」(MSA)への侵入に成功したのか。Microsoftの対策の弱点を見るとともに、セキュリティ専門家の見解を紹介する。(2023/11/22)

ウィズセキュア調査:
ランサムウェア攻撃の最大グループは? 「Akira」とは何者か
ウィズセキュアは、ランサムウェアに関する調査結果を発表した。2023年第1〜第3四半期にランサムウェアグループからリークしたデータは2022年同期と比べて50%増加したという。(2023/11/21)

攻撃者の“裏事情”から考える いま注目のランサムウェアグループとその特徴
ランサムウェアに対抗するには攻撃者の動向を把握することが重要だ。著名なホワイトハッカーがサイバー攻撃者たちの裏事情に加えて、注目すべき新たなランサムウェアグループとその特徴などを明らかにした。(2023/11/17)

ロシア系ハッカー集団「Storm-0978」の手口【前編】
WordなどMicrosoft製品を悪用する「Storm-0978」の恐ろしい手口とは
2023年夏頃からロシア系サイバー犯罪集団「Storm-0978」の攻撃活動が盛んだ。特に注意が必要なのはMicrosoft製品のユーザー企業だ。Storm-0978はどのような攻撃を仕掛けているのか。(2023/11/17)

広がる教育機関へのランサムウェア攻撃【後編】
「ランサムウェア攻撃」が減っても学校は狙われ続ける“悲壮な現実”
ランサムウェア攻撃の件数が減っているというデータがある。一方で、教育機関が依然としてランサムウェア攻撃の標的になっている事実に変化はない。その背景を探る。(2023/11/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。