ニュース
» 2014年11月14日 07時36分 UPDATE

米機関で続く深刻なサイバー攻撃、衛星データ受信に障害発生

今度は米海洋大気局(NOAA)に対するサイバー攻撃が発覚し、過去数週間の間にNOAAの4つのWebサイトがハッキングされたと明らかにした。

[鈴木聖子,ITmedia]
naatk01.jpg 攻撃を受けた海洋大気局

 米国の天気予報や気象衛星の運用を担う米海洋大気局(NOAA)のシステムがサイバー攻撃を受け、傘下のWebサイトや衛星からのデータ受信に障害が起きていたことが分かった。

 NOAAが11月12日にメディア各社に寄せた声明によると、インターネット経由の攻撃を受けて過去数週間の間にNOAAの4つのWebサイトがハッキングされた。NOAA職員が攻撃を検出して直ちにインシデント対応に乗り出し、攻撃を避けるために臨時のメンテナンスを行ったという。

 臨時メンテナンスの影響は一時的であり、既に全サービスが完全復旧したとNOAAは強調。一般向けの天気予報に影響は出なかったと説明している。調査は関連機関と連携して現在も続けているという。

 米紙Washington Postによれば、不正侵入は9月下旬ごろに発生し、この影響で一部サイトが10月中の1週間にわたってダウンした。衛星からのデータ受信にも支障が出た。

 NOAAは下院議員に説明を求められ、今回の攻撃には中国が絡んでいると説明したと同紙は伝えている。

 米国では米郵政公社(USPS)ホワイトハウスに対する攻撃が相次いで発覚し、いずれも中国やロシアが関与した可能性があると報じられていた。

関連キーワード

サイバー攻撃 | 中国 | ロシア | アメリカ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -