ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ロシア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ロシア」に関する情報が集まったページです。

これがシベリア仕様ということか!? ドゥカティを魔改造したロシア式3輪バイク「ヨンドゥ」がめっちゃイケてる
シベリアで行われるアイスレースのため作られました。(2020/3/30)

EU、「ロシアが新型コロナの偽情報を拡散」として警戒
EUは、ロシアが新型コロナウイルス感染症に関する偽情報を拡散させているとして警戒を強めている。一方、ロシアのペスコフ大統領報道官は、非難には根拠がないと反論した。(2020/3/30)

ロシア警察がバットマンの愛車「バットモービル」を押収 「ナンバープレート」未装着の交通違反で検挙
まぁそうなるわな……。(2020/3/26)

世界を読み解くニュース・サロン:
“テレワーク急増”が弱点に? 新型コロナで勢いづくハッカー集団の危険な手口
新型コロナウイルス感染拡大で世界が混乱する中、それに便乗したサイバー攻撃が激増している。中国やロシアなどのハッカー集団が暗躍し、「弱み」につけ込もうと大量の偽メールをばらまいている。新型コロナに関する情報と見せかけたメールには注意が必要だ。(2020/3/19)

国境なき記者団が「Minecraft」内に図書館を開設 検閲対象の記事が読める
ロシアなどで検閲された記事を読めます。(2020/3/15)

TwitterとFacebook、ロシアにつながるガーナとナイジェリアのアカウントネットワークを大量削除
TwitterとFacebookが同時に、ガーナとナイジェリアで運営され、ロシアと繋がる偽アカウントを多数削除したと発表。いずれも米国がターゲットでコミュニティの分断を狙う投稿を多数行っていた。(2020/3/13)

タイヤ外してスケートつければ車も滑走できるんじゃね?→実際にやってしまった動画がおそロシア
スケート靴から外してホイールに溶接する荒技。(2020/3/5)

悪ふざけで懲役7年 「新型コロナのふり」ロシア、モスクワの地下鉄車内で若者がイタズラ 動画きっかけで逮捕
超えちゃいけないライン。(2020/3/3)

ジョージアを狙ったサイバー攻撃、ロシア軍の情報機関GRUが関与と米英が断定
ジョージア政府や企業などのWebサイトが改ざんされ、国営放送局のサービスにも支障が出たサイバー攻撃について、ロシア軍参謀本部情報局(GRU)が関与したと米英が断定した。(2020/2/21)

これがロシア流バレンタインだ プロポーズになぜか戦車隊が出撃、ハートの形で包囲してしまう
爆発しろ!(2020/2/20)

4メートルの積雪もなんのその! ロシアで爆誕した“無限軌道”魔改造コンチネンタルGT「ウルトラタンク」が雪原に挑む
積雪約4メートルの雪山を「ウルトラタンク」が元気に走り回っています。(2020/2/15)

実はビジネスにも通じる交渉術:
ソフトバンク漏えい事件で注目 ロシアスパイが操る伝説の“人たらし術”とは
ソフトバンク元社員漏えい事件で注目される「ロシアスパイ」。映画くらいでしか聞かないが、実はあなたの身の回りにも!?ビジネスにも通じる彼らの歴史や「人たらし術」を専門家が解説。(2020/2/14)

佐藤優が明かす ロシアスパイの教育とプロの掟
機密情報を入試していたのは、旧KGBの流れをくむロシア対外情報庁(SVR)の一員とみられる。(2020/2/11)

ロシアのソフトバンクスパイ事件、狙いは米技術の排除か
5G移動通信システムなどの技術をめぐる覇権争いが世界的に過熱するなか、ソフトバンク元社員によるロシアへの情報漏洩が発覚した。ロシアの、米国に頼らず通信網を内製したいという思惑が背景にある。(2020/2/10)

そのタイヤ意味ある!? フィアットを“8輪車”化した魔改造動画がおそロシア
ちゃんと実用性もある……あるか?(2020/2/9)

放送中止になったTOKYO MX「異種族レビュアーズ」の枠が“船旅番組”で令和に「Nice boat.」再び 「絶対狙ってるだろMX」
「芸術の都ロシア・バレエ歴史堪能クルーズ」をお楽しみください。(2020/2/7)

情報渡すたびに露側から数万円 機密漏えいのソフトバンク元社員が供述
ソフトバンク元社員が、在日ロシア通商代表部職員の求めに応じ、機密情報を持ち出したとされる事件で、元社員・荒木容疑者が、情報を渡すたびに数万円の報酬を受け取っていたことが分かった。(2020/1/29)

ソフトバンクの元社員逮捕 作業文書などを無断で持ち出し
通信設備に関わる情報をロシアに渡したと報じられています。(2020/1/26)

見逃し厳禁! 2019年に注目を集めたクルマ「魔改造」ネタ7選 おそロシア戦車道や世界最速のトゥクトゥクなど
2019年に注目を集めた「魔改造された乗り物」ネタを振り返ります。(2020/1/4)

Webに欠けた技術は何か:
「なぜWebブラウザ間には互換性がないのか」、Mozillaが開発者ニーズをレポート
Mozillaは、世界のWebデザイナーと開発者を対象とした年次ニーズ調査「The MDN Web Developer Needs Assessment(DNA)」の第1回目を実施、レポートを公開した。例えば、米国や中国、インド、ブラジル、フランス、日本、ロシアのWeb開発者が一致して、Webブラウザの互換性維持を仕事の中で最も不満の多い部分だと評価していることが分かった。この他、Webに欠けている技術も分かった。(2019/12/27)

NGINX、モスクワオフィスへの強制捜査の状況を説明 創業者への尋問はあったが、現時点で逮捕者や拘束者はなし
Webサーバを開発・展開するNGINXが、当局による強制捜査が入ったと報じられた件についてコメント。創業者のIgor Sysoev氏が尋問を受けたのは事実だという。現時点では、逮捕者や拘束者はいないとしている。(2019/12/16)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本が狙われる ロシアのドーピング処分で暴れる「クマさん」の危険
ロシアが五輪などの大会から4年間追放される処分が決まった。このことは、私たちと「関係ない」で済まないかもしれない。東京五輪と日本企業が「クマさん」による非常に危険な脅威にさらされる可能性があるからだ。「クマさん」が何をするのかというと……(2019/12/12)

牛にVR映像を見せると、牛乳の質が良くなる? ロシアの農家が研究中
モスクワ地方の農家が、乳牛にVRゴーグルを取り付け、牛乳の量・質を改善させるテストを実施。実験の結果、乳牛の不安を軽減できたといい、より研究を進めて牛乳の生産への影響を明らかにするという。(2019/11/27)

そういうクルマじゃねぇから! ロシアの旅行会社、BMWの高級セダンを軍用トラックと合体させる暴挙 森林ツアーで人気に
ロシアらしい、豪快さのあるオフロードカーではあります。(2019/11/18)

【国際情勢分析】世界は「ルールなき群雄割拠」に向かうか 露シンクタンク報告が示す新時代
 20世紀型の国際秩序は終焉し、主権国家が群雄割拠する時代に向かう。そんな見通しを示す報告書がロシアの保養地ソチで開かれた討論会で発表された。出席した米欧の学者や外交官らからも特に異論は出なかったといい、ルールに基づく自由で公正な秩序の継承と発展を目指す議論が盛んな日本の外交・安全保障コミュニティとの温度差が目立っている。(外信部 平田雄介)(2019/11/7)

露、サイバー攻撃時に国外からインターネットを遮断できる法律が施行 情報統制の懸念も
ロシア政府が、国外からサイバー攻撃などを受けた際に国内のインターネットを遮断できるようにする「ネット主権法」を施行した。露国内では情報統制の懸念が強まっている。(2019/11/6)

アンチドーピング機関狙うサイバー攻撃、東京五輪控え急増
Microsoftによると、一連の攻撃には「Strontium」と呼ばれるサイバー犯罪集団が関与している。同集団はロシアの関与が指摘されていた。(2019/10/30)

「ロシア版Wikipedia」作成へ 露政府、情報統制懸念も
ロシア政府が、インターネット百科事典サイト「ウィキペディア」に対抗する「ロシア版ウィキペディア」の作成に乗り出した。(2019/10/17)

脆弱性調査とセキュアな開発、多方面からの取り組みが不可欠に:
「CNC」も「CODESYS」も脆弱性とは無縁ではない
CNCやCODESYSなど製造現場で活躍するシステムも、常にセキュリティリスクに晒されている。ロシアのセキュリティ企業、Kasperskyによるリサーチによると、製造現場においても脆弱性調査とセキュアな開発、多方面からの取り組みが不可欠であることが示された。(2019/10/10)

Kaspersky Industrial Cybersecurity Conference:
スマートビルの3分の1はマルウェアに感染――ビルセキュリティ最新動向
ロシアのセキュリティ企業、Kasperskyはロシア・ソチで2019年9月19、20日に「Kaspersky Industrial Cybersecurity Conference」を開催し、スマートビルやスマートシティ、ICSのセキュリティを巡る最新動向を紹介した。(2019/10/4)

米金融機関クラッキングで1億件超の個人情報窃盗、ロシア国籍の男が罪状認める
8000万件を超える顧客情報が盗まれた金融機関もあり、1社から個人情報が盗まれた事件としては米国史上最大級の規模だった。(2019/9/25)

ロシア連邦保安庁の請負業者サーバへの攻撃でTor匿名化解除プロジェクトなどが暴かれる
「0v1ru$」と名乗るハッカーが、ロシアの国家諜報機関FSBの請負業者、SyTechのサーバから7.5TBのデータを盗んだとツイート。データはメディアに提供され、FSBからSyTechが請け負ったというTorの匿名化解除やメールを監視するプロジェクトが暴かれた。(2019/7/22)

マーク・ハミルなどハリウッドスターによる「モラー報告書」朗読会、ライブストリーミング
2016年米大統領選へのロシアによる介入とトランプ陣営の関与を捜査したロバート・モラー特別検察官の報告書の抜粋をハリウッドスターが朗読する劇が、日本時間の6月25日午前10時からライブストリーミングされる。マーク・ハミルやジャスティン・ロングなどが出演し、448ページの報告書から重要な部分を朗読する。(2019/6/25)

「メタルギア!?」「ハウルの動く重機」 自分の足で「歩く」旧ソ時代に生まれたロシアの超大型重機が話題に
ここに住みたい。(2019/6/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
「コインチェック流出、犯人はロシア系か」 朝日新聞スクープは本当なのか
朝日新聞がコインチェック事件に関して、北朝鮮ではなく「ロシア系による犯行の可能性がある」とする記事を出した。この検証は本当なのか。筆者のこれまでの取材から、北朝鮮のサイバー攻撃の特徴と変化を解説する。(2019/6/20)

次期iPhone情報、EECに登録される
iOS 12を搭載した11種類のiPhoneが、ロシアを中心とする経済圏向けに登録された。(2019/5/24)

きのたけ戦争にまた新たな火種が1つ 上坂すみれが「きのこの山」愛を語るだけの新番組スタート
実質ロシアからの刺客。(2019/5/19)

これがロシア流カスタム道……! 英ベントレー「コンチネンタルGT」を無限軌道に魔改造した「ウルトラタンク」がめっちゃ楽しそう
2500万円もする高級車になんてことを!(2019/5/16)

ロシアから届いたオモチャの「エリーゼのために」がめっちゃ音痴だと話題に 「呪われそう」「お腹痛い」
元からこうなのか、届くまでに壊れたのか……。(2019/4/4)

“地球政府”が必要:
ビットコインが普及するまであと100年、世界が1つになるまで? ロシアのスパイ疑惑企業のCEOが語る
ロシア企業Kaspersky Labのユージーン・カスペルスキーCEOは、ビットコインは非常に素晴らしい革新だと称賛。一方で、普及するまでにはあと100年は要するとの見方を示した。CCNが報じた。(2019/3/6)

さすがロシア!? 懐っこいクマさんとワンコが庭先で戯れている映像にドキドキ
かわいさとハラハラが半分。(2019/3/2)

Facebook、世界でフェイク情報を拡散させている500件のロシア関連アカウントやページを削除
Facebookが東欧やアジアでフェイクニュースを拡散させている500件以上のアカウントやページを削除したと発表した。いずれもロシアのメディアSputnikやプロパガンダ企業IRAに関連していたとしている。(2019/1/18)

マジかこれ! シベリア鉄道の車窓を年末年始13日間ブッ通し放送「シベリア鉄道 絶景車窓の旅」がやばいぞぉぉ
ちょっとロシア行ってくる。(2018/12/25)

「テクノロジーナショナリズム」の時代にセキュリティ企業に求められることは?:
Kasperskyが透明性向上に向けスイスに新拠点を開設
ロシアのKaspersky Labは、同社製品にロシア政府が干渉しているのではないかという懸念を払拭するため「透明性の確保」を掲げ、「Global Transparency Initiative」(GTI)と呼ばれる施策を発表。その軸の一つであるTransparency Centerをスイスのチューリッヒに開設した。(2018/11/27)

Facebook、ユーザーがコンテンツを報告するための独立組織を2019年中に立ち上げへ
フェイクニュース拡散やロシア介入対策の遅れなどで批判されているFacebookのザッカーバーグCEOが、Facebook内の問題コンテンツを報告するためのFacebookとは独立した組織を立ち上げる計画を発表した。(2018/11/16)

Facebook、New York Timesによる社内問題暴露記事に逐一反論
New York Timesが「Facebookは2016年の米大統領選攪乱目的のロシアの介入を早くから知っていたがすぐに対処しなかった」という記事に反論した。幹部にiPhone利用を禁止していることについても説明した。(2018/11/16)

Industrial Cybersecurity 2018:
ロシアの地で「IT-OT共によし」のセキュリティ実現に向け協業を呼び掛けたオムロン
ロシアのソチで開催された産業システムセキュリティのカンファレンス「Industrial Cybersecurity 2018」で、モノ作り現場の革新に取り組むオムロンが登壇。「現場の声の重視」をポイントにしたセキュリティ実現に向け、協業を呼び掛けた。(2018/10/30)

ロシアの企業がCEATECで展示:
脳波で文字入力、言語障害があっても手軽に会話を
ロシアのスタートアップ企業NeuroChat社は、「CEATEC JAPAN 2018」(2018年10月16〜19日、千葉市・幕張メッセ)の「Co-Creation」エリアに出展し、脳波を利用して文字を入力するシステム「NeuroChat」を展示した。(2018/10/26)

トランプ大統領のiPhone通話を中国とロシアが盗聴──New York Times報道
トランプ大統領が政府支給の端末ではなく、私物のiPhoneでの通話をしており、それを中国やロシアが盗聴しているとNew York Timesが報じた。(2018/10/25)

狙われる日本の仮想通貨取引所:
コインチェック「NEM」流出事件、北朝鮮のハッカー集団が関与?
ロシアに拠点を置くサイバーセキュリティ企業Group-IBは、仮想通貨関連のハッキングについてまとめた調査レポートを発表。過去18カ月間に起きた仮想通貨取引所に対する14件のハッキング攻撃のうち、少なくとも5件は北朝鮮のハッカー集団「Lazarus」によるものだという。(2018/10/24)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。