レビュー
» 2014年12月05日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:災害対策が未実施の企業は46.6%、ファイルサーバ管理者161人の回答が示す「ファイルサーバ管理」の現状

ネットワールドが2012年に実施した「ファイルサーバ市場調査アンケート」では、サーバ管理者が抱える多くの課題が浮かび上がった。回答結果の詳細を紹介するとともに、具体的な課題解決法を提示する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]
  • 「ファイルサーバの容量は、15Tバイト以上」という回答が「30.4%」
  • 「複数台のファイルサーバを管理する」という回答が「81.4%」
  • 「災害対策を実施していない」という回答が「46.6%」

 皆さんは、この数字を見てどう思われるだろうか? ネットワールドが2012年に実施した「ファイルサーバ市場調査アンケート」の結果の一部だ。この調査では「バックアップの頻度は?」「バックアップは何世代まで?」「ファイルサーバ導入時に妨げになる問題は?」など14の質問を実施した。

 調査結果から、多くの企業が保持するデータ量が増える中、管理者の作業量は増え続けている現状にあることが分かった。また、いざというときの災害対策まで手が回らない企業が半数近く存在することが明らかになった。

 そうした課題解決に必要なこととは何か? 本稿では、調査結果から浮かび上がったサーバ管理者の課題を分析し、ベストな解決方法を紹介しよう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -