レビュー
» 2015年01月07日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:基幹システムの遅延対策 “応急手段”で終わらせない最適解とは

クリティカルな業務アプリケーションにおいて、レスポンス時間の短縮は共通のニーズだ。しかしその解決策を試みようとして、非効率的な方法に走ってしまうケースも少なくない。ライセンス費用や設置スペース、運用コストを削減しながらデータ処理の高速化を実現させる具体的な方法とは?

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 基幹アプリケーションの動作確保は、業績拡大か縮小かの分け目となる大きなポイントとなる。そしてレスポンス時間の短縮と高速化は、あらゆるクリティカルなアプリケーションにおいて共通のニーズであり、ビジネスの存続に関わる重要なポイントだ。

 システム遅延時間に対するこれまでの応急手段はプロセッサのアップグレードやメモリ拡大だったが、これは経費がかさむ割には効果があまり出なかった。アプリケーションのパフォーマンス不足は、プロセッサーやメモリサイズではなく、むしろストレージに原因がある場合が多かったのだ。

 大量のデータを短時間に処理できるよう、高速性の向上を課題に掲げる際に陥りがちな問題点とは? パフォーマンスを向上させるだけでなくTCO削減も同時に実現する方法とは? データ処理高速化の具体的な解決策となりうる「オール・フラッシュのストレージ」のメリット、その導入のポイントについて解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -