レビュー
» 2015年01月19日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:「島耕作」が語る、クラウドとBYODでオフィス通信機器を“持たずに使う”時代

クラウドとBYOD活用で、通信設備を“持たずに使う”ことによる業務効率化やコスト削減の秘訣を「島耕作」が紹介する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 ワークスタイル変革を推進する上で欠かせない“コミュニケーション変革”。中でも重要なのは音声コミュニケーションの改善だ。オフィスの固定電話、携帯電話やスマートフォンの利用をこれまで以上に便利にしていくにはシステムと端末利用の2つの側面から検討する必要がある。

 システム面では、PBXと呼ばれる構内交換機の見直しがまず挙げられる。PBXの運用および改修のコストを大幅に削減することで、限られた予算から端末利用の利便性を向上させるための施策を選択することも可能になる。システムと端末利用の合理化をバラバラに進めるのではなく、総合的に取り組むことで“コミュニケーション変革”はスムーズに実現するのだ。

 本ホワイトペーパーは「島耕作」が音声コミュニケーションの課題をはじめ、「PBXのクラウド化」「内線利用できるスマホ」「利用しやすいBYOD」により、推し進めた業務改革をマンガで紹介。分かりやすく通信設備を“持たずに使う”メリットを解説している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -