レビュー
» 2015年03月02日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:法政大学理工系学生5000人の貸与PC利用率をほぼ100%にしたノートPCとは?

法政大学では理工系学生全員にPCの無償貸与を開始したが、大きく重いノートPCは学生の評判が良くなかった。学生のニーズを調べ、モバイル性、堅牢性を考慮し新たに導入されたのはThinkPadだった。

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 法政大学は、理工系学生全員に必要なソフトをインストールしたノートPCを無償貸与、全学生に均質な教育環境の提供を開始した。だが当初貸与したノートPCについて「大きい、重い、バッテリー駆動時間が短い」という指摘が多く、私物のPCを使う学生も少なくなかったという。

 同校では、学生の利用状況から、モバイル性、堅牢性、起動の速さや故障率の低さなどを重視。その難題をクリアしたのが、レノボのThinkPadだった。ThinkPad導入以降、私物PCを使う学生が減り、貸与ノートPCの利用率がほぼ100%に上がった。また、4年生になって貸与PCを回収する際、以前のPCは簡単に回収が終わったが、ThinkPadに切り替えてから「卒業式まで貸してほしい」という声が多くなったというエピソードから好評さがわかる。

 資料では、学習効果を高めるコンテンツ作り、eラーニング教材の充実などが今後の課題という同大学のPC選択までの紆余曲折を、担当者に聞く。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -