レビュー
» 2015年03月19日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:高性能エントリーストレージ「HP MSA 2040」最適化のためのベストプラクティス

仮想化やサーバ統合を考えるなら、そのデータの保存と可用性を支えるストレージについても同時に検討したい。中堅・中小企業向けSAN対応ストレージのベストプラクティスマニュアルで、その使いやすさを実感してほしい。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 中堅・中小企業のIT環境では、サーバやデータ容量の増加に伴ってサーバの仮想化や統合のニーズが高まっている。それに従って、統合されたサーバのデータを保管し、システムに高い可用性を提供するSAN対応共有ストレージが注目されている。

 「HP MSA 2040」はエントリーレベルのユーザー向けに設計された高パフォーマンスのストレージアレイである。8Gbや16Gbのファイバーチャネル接続に対応し、コントローラーごとに4つのホストポートを備える。次世代のMSA 2040 Storageアレイは、統合や仮想化などのためにパフォーマンスと価格のバランスを必要とするユーザーに多くのメリットをもたらす。

 このホワイトペーパーは、『HP MSA 2040のベストプラクティス』である。HP MSA 2040を最適化するためのベストプラクティスを、実際の構築例を交えて紹介しているので、その使いやすさを実感できるはずだ。サーバ台数が増えて、仮想化を考え始めた企業のIT部門に、ぜひ読んでほしい資料だ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -