ニュース
» 2015年04月03日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:SDN製品最新事情(2):ヴイエムウェアがSDNという言葉を使わなくなった理由

ヴイエムウェアは、同社のネットワーク仮想化製品「VMware NSX」を、「SDN 製品」とは呼ばなくなっている。マーティン・カサド氏を含む同社のキーマンに、その理由を確認すると、一般的なSDN 製品とは異なる進化を目指していることが明らかになってきた。

[TechTargetジャパン運営事務局]
20150403_27672_290x290_miki.jpg

 ヴイエムウェアは2015年1月、同社のネットワーク仮想化ソフトウェア「VMware NSX」が、年間2億ドルのペースで売れていることを明らかにした。SDN(Software Defined Networking)製品のなかでは、現在のところ群を抜いた成績を示している。

 一方で同社は、最近VMware NSXを「SDN」と表現しなくなっている。それは、SDNという言葉の意味が制限的に過ぎるからということのようだ。「私たちはネットワークの世界を変えようとしている」と、マーティン・カサド氏はいう。

 では、ヴイエムウェアはネットワークの世界をどう変えようとしているのか。2014年8月に、シニアバイスプレジデント兼ネットワーキング&セキュリティ事業部門(NSBU)のゼネラルマネージャーに就任したカサド氏、元Big Switch Networks CEO で、同社NSBU のチーフテクノロジーストラテジーオフィサーに就任したグイド・アッペンツェラー氏、そしてシスコシステムズから移籍し、同社ののワールドワイド・システムエンジニアリング担当バイスプレジデントに就任した、ドミニク・デルフィーノ氏へのインタビューの内容を、要約してお届けする。


ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -