レビュー
» 2015年04月16日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:実機検証:OpenStackによる社内向け仮想マシンレンタルサービス運用ガイド

OSCAによる、Red Hat OpenStackを用いた100台前後の社内向け仮想マシンレンタルサービスの運用検証リポート。問題点と対応策も具体的に紹介していく。

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 Open Standard Cloud Association(OSCA(tm))は、Red Hat OpenStackによる社内向け仮想マシン(VM)レンタルサービスの運用を実機検証し、その結果をリポートした。

 最大で100台程度の仮想マシンを稼働させる社内向けのサービスを想定。VMの一斉作成/起動、一斉削除の実行、運用に必要なリソース情報の参照、ホスト(計算機ノード)の動的追加、ユーザーごとのVMへのアクセス制御、VMのCPU使用量、およびディスクI/O帯域の制御といった項目で検証を行った。

 本資料は、その検証環境と各検証項目の結果、問題点およびその対策法を紹介する。対策が取れない問題は発生せず、対応策も明らかにしており、この検証からRed Hat OpenStackをそのまま利用しても社内向けのVMレンタルサービスならば運用可能な水準に達していると報告する。また、資料では、今後の展望についても触れており、プライベートクラウド構築のコスト対策として、オープンクラウド導入を検討しているIT管理者は参考にしてほしい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ