ニュース
» 2015年05月13日 11時53分 UPDATE

PFU、サイバー攻撃対策でファイア・アイと協業

攻撃が検知されたデバイスをネットワークから遮断できるようになる。

[ITmedia]

 PFUは米FireEyeとサイバー攻撃対策で協業すると発表した。5月末から国内と米国でソリューションとして提供する。

 協業ではFireEyeのサイバー攻撃解析アプライアンス「FireEye NXシリーズ」とPFUのネットワークセキュリティ製品「iNetSec」を連携させる。FireEye NXシリーズで攻撃を検知した場合、iNetSecがマルウェアに感染したデバイスをネットワークから自動的に隔離し、社内ネットワークでの感染被害の拡大を防ぐ。

関連キーワード

FireEye | PFU | サイバー攻撃


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

あなたにオススメの記事

- PR -

新品より高品質な“中古機器”「第三者保守」のメリットと品質とは?

苦労した点は?実際に導入に携わった情シスに「リアル」な話を聞いてみた

現場の情シスはどう思うか? 生産性を高めるためのデバイス導入のポイント

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -