ニュース
» 2015年05月14日 08時00分 UPDATE

Enterprise IT Kaleidoscope:ChromeやFirefoxも凌駕する? Microsoft Edgeブラウザの実力 (1/4)

これまで「Project Spartan」というコードネームで呼ばれたWindows 10の新ブラウザがついにベールを脱いだ。Microsoft EdgeとはいったどのようなWebブラウザなのだろうか。

[山本雅史,ITmedia]

 4月下旬に米国サンフランシスコで開催された開発者向けカンファレンス「Build 2015」では、Windows 10に登載される新ブラウザの名称が「Microsoft Edge」になると発表された。これまでコードネーム「Project Spartan」と呼ばれていたものだ。今回は、Build2015でのセッション資料を基にMicrosoft Edgeがどのようなブラウザなのかを紹介していこう。

IE独自の互換性を排除したMicrosoft Edge

 Microsoft Edge(以下、Edge)は、「Universal Windows Platform App」(以下、UWPA)として開発されている。ブラウザの中核部分となるレンダリングエンジンには、新しい「EdgeHTML」(IEではMSHTML)が採用された。

edgbrow01-01.jpg Edgeは新時代に即した機能を持つモダンブラウザ。Cortanaなどデジタルアシスタント機能が融合されている
edgbrow01-02.jpg Edgeではレンダリングエンジンに新しくEdgeHTMLが使われている。IE 11はMSHTMLだ
edgbrow01-03.jpg IE はWindows誕生からバージョンを積み重ねてきた。Firefox、Chrome、Safariは2000年代中盤から後半にかけてリリースされたため、あまり後方互換性を考慮に入れていない
edgbrow01-04.jpg IE 11は後方互換性のためにIE 5〜IE 11の機能をサポートしている

 EdgeHTMLは、MSHTMLからInternet Explorer(IE)独自の機能や古いIEとの互換性を保つために用意されている機能などを全て削除し、コード自体を整理している。EdgeはIEとの互換性を持たないため、IE 7やIE 8対応のWebページを表示すると、レイアウトが崩れたり、Active Xなどのプラグインが動作しなかったりする。

 Edgeでは後方互換性よりもインターネット標準を積極的に取り入れ、ChromeやFirefoxを追い抜くほどの性能の実現が目標となっている。

edgbrow01-05.jpg IEは後方互換性のためにインターネット標準と異なる部分がサポートされている
edgbrow01-06.jpg EdgeはIEから後方互換性などをバッサリ切り、インターネット標準だけをサポートする

 Microsoftが新しくEdgeを開発した背景には、IEのコードが複雑になり過ぎて潜在的なセキュリティホールが生じ、頻繁にセキュリティパッチをリリースし続けなければならないといったことがあるようだ。コードを整理したEdgeによって、セキュリティホールに対応しやすいようにしたいという考え方なのだろう。なおIE 11は、メンテナンスモードに入るため、新機能は追加されないが、セキュリティパッチは当面リリースされ続ける。

edgbrow01-07.jpg IE11のコードは凍結され、新機能の追加はEdgeのみとなる
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -