ニュース
» 2015年05月14日 08時00分 UPDATE

Enterprise IT Kaleidoscope:ChromeやFirefoxも凌駕する? Microsoft Edgeブラウザの実力 (3/4)

[山本雅史,ITmedia]

進化するブラウザのEdge

 前項で触れたように、IEは内部コードがあまり複雑で新機能の追加に時間がかかるようになった。これまでOSバージョンアップに合わせるようにIEのバージョンも上がっていった。しかしIT環境が時々刻々と変化する現在において、年単位でしかアップデートできないブラウザは大きな問題となっている。

 そこでMicrosoft社は、Windows 10と同じコンセプトで、Edgeも月単位や四半期単位で新機能を追加していく方法を採用する。つまり、リリース時は幾つか機能が抜けているが、Windows Updateなどの方法を使って毎月新しい機能が追加される。Edgeでは進化し続けるブラウザを目指している。

 例えば、Windows 10のリリース時点でEdgeは、プラグインや拡張機能などが追加できるようにはなっていない。Microsoftは早急にアップデートを行うことで、これらをサポートするとしている。特に面白いのは、EdgeでChromeやFirefox用のプラグインや拡張機能がそのまま利用できるようにするという点だ。

 これならサードパーティは、新しくEdge用のプラグインや拡張機能を開発しなくても、既存のプラグインや拡張機能をEdgeでテストして動作すれば、そのままEdge対応として公開できる。Edgeのプラグインや拡張機能のギャラリーに関しての発表はないが、Windows Storeにプラグインや拡張機能の提供エリアを用意するだろう。

 この他にWebAudio、Pointer event、CSS Filters、http/2などのサポートもWindows 10のリリース後に順次アップデートされていく。

edgbrow01-12.jpg Edgeでは様々な機能が追加される。青字の機能はWindows 10リリース時には間に合わないため、Windows Updateで随時アップデートされる
edgbrow01-13.jpg Edgeは新しいインターネット標準をサポートし続ける
edgbrow01-14.jpg Windows 10リリース後にEdgeでプラグインや拡張機能をサポートすることになる。また、モダンなセキュリティプロテクションも用意される
edgbrow01-15.jpg Windows 10リリース後にEdgeに追加される機能。現在でもこれだけの機能追加が予定されている

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ