ニュース
» 2015年05月20日 18時40分 UPDATE

みずほ、三井住友を名乗るフィッシング詐欺相次ぐ

メガバンクを名乗る偽メールや詐欺サイトで個人情報を盗む。

[ITmedia]

 フィッシング対策協議会は5月20日、みずほ銀行や三井住友銀行を名乗るフィッシング詐欺を確認したとして注意を呼び掛けた。

 みずほ銀行や三井住友銀行をかたるフィッシングメールは複数あり、「メールアドレスの確認」「本人認証サービス」といったタイトルで送り付けられる。いずれもメールに記されたURLのリンクをクリックすると、正規サイトに非常によく似た偽サイトに誘導される。ここで個人情報を入力してしまうと、犯罪者側に情報が伝わってしまい、不正な現金の引き出しや送金といった被害に遭う恐れがある。

smbcphis01.jpg 三井住友銀行をかたるフィッシングメール(フィッシング対策協議会より)
mzhphis01.jpg みずほ銀行をかたるフィッシングメール(同)
mzhphis02.jpgsmbcphis02.jpg 三井住友銀行の詐欺サイト(同)

 協議会ではJPCERT コーディネーションセンターを通じて詐欺サイトの閉鎖に向けた対応を行っている。こうしたメールを受信して意図せず詐欺サイトに誘導されても、アカウント情報(お客様番号、口座番号、契約者番号、暗証番号、合い言葉、ログインパスワードなど)を絶対に入力しないようアドバイスしている。

 金融機関やオンラインサービスなど名乗るフィッシング行為は連日のように報告されているが、1日で複数の銀行をかたる詐欺が見つかるのは珍しい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ