ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「三井住友銀行」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「三井住友銀行」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

d払い、au PAY、PayPay以外でも10〜20%還元 スマホ決済2月のキャンペーンまとめ
2021年2月はPayPayやdカードのキャンペーンが1月よりも少なくなる一方、三井住友カードやモバイルSuicaのキャンペーンも見逃せない。今回もPayPay、au PAY、d払いを中心に2021年2月開催のキャンペーンをまとめた。(2021/2/9)

カードで投信積み立て広がる SBIと三井住友カードも開始
クレジットカードで投資信託を積み立てるサービスに各社が力を入れている。SBI証券と三井住友カード(SMCC)は6月30日から、三井住友カードを使った投資信託の積み立てサービスを開始する。(2021/2/8)

三井住友銀のソースコード流出、埼玉県は関係なし 県庁所在地が含まれていただけ 県が調査【追記あり】
SMBCのソースコードの中に埼玉県庁の所在地が含まれていたが、県が運用するシステムには関係ないことが分かった。(2021/2/2)

のぞき見の心配なし カード番号の記載がないクレジットカード、三井住友カードが発行
券面にカード番号、有効期限、セキュリティコードの記載がありません。(2021/2/2)

半径300メートルのIT:
GitHubは悪者か? SMBCのソースコード流出から学ぶ、情報漏えいのリスク
三井住友銀行の管理するシステムのソースコードが、GitHubに公開されていたことが判明しました。GitHubに限らずファイルやWebサイトのURLを外部に送るサービスは少なくありません。こうしたサービスをうまく利用しつつ、情報漏えいを防ぐためにはどうすればよいのでしょうか。(2021/2/2)

GitHubへのソースコード流出問題、防ぎようはあるのか 専門家に聞く
SMBCから業務委託を受けたSEらしき人物が、GitHubにソースコードを公開したことが話題になった。この情報漏えいはどうすれば防げたのか。専門界に話を聞いた。(2021/2/1)

三井住友が「ナンバーレスカード」を発行 タッチ決済で最大5%を還元、20%還元キャンペーンも
三井住友カードは2月1日、新しいクレジットカードとして券面にカード番号が一切ない「ナンバーレスカード」を発行する。タッチ決済の利用をさらに促進するために、主要コンビニエンスストア、マクドナルドでの利用でのポイント還元を増量する。バーチャルカードが発行できるので、Apple PayやGoogle Payに登録すれば即時利用できる。(2021/2/1)

NECもソースコード流出を確認、GitHubで 三井住友銀、NTTデータに続き
NECが顧客向けに開発したシステムのソースコードがGitHubを通じて流出したと明らかにした。同社は「原因究明と再発防止に努める」としている。(2021/2/1)

三井住友銀、自社共通の「Vポイント」で残高チャージできるモバイル決済アプリ
三井住友カードがモバイル決済アプリ「Vポイント」を公開した。SMBCグループの共通ポイント「Vポイント」やクレジットカード、銀行口座から残高をチャージできる。(2021/2/1)

三井住友カード、完全番号レスに進化 年会費無料、コンビニ常時5%還元も
三井住友カードは2月1日から、「三井住友カード」を変更し、表面だけでなく裏面にもカード番号を記載しない完全番号レスのクレジットカードを提供する。また、ポイントプログラムVポイントでは、Visaのタッチ決済やiD決済での使用を可能にする。(2021/2/1)

三井住友銀行などのソースコードが流出 “年収診断”したさにGitHubに公開か【追記あり】
三井住友銀行(SMBC)が同行のシステムのソースコードが外部のWebサイト上に無断で公開されていたと明らかに。顧客情報の流出やセキュリティに影響はないとしている。(2021/1/29)

文化の醸成が鍵:
Tableau調査と三井住友海上の事例に学ぶ コロナ禍でも強いデータドリブン組織をどう作るか
データを大切にし、従業員がデータにアクセスしてデータに基づいた経営判断ができる組織はレジリエンス(回復力)への自信が違う――。Tableau SoftwareがYouGovに委託した調査で明らかになった事実だ。(2021/1/27)

日興証券、THEOの証券業務を吸収分割 ロボアドNo.1を目指す
SMBC日興証券は、ロボアドバイザーサービス「THEO」を運営するお金のデザイン(東京都港区)から、証券業務部分を吸収分割すると発表した。8月1日に実施する。金融テクノロジーを活用したい日興証券と、新たな成長戦略を模索するお金のデザインの狙いが一致した形だ。(2021/1/19)

20代の貯蓄額大幅増加 既婚者では70万円が126万円に
SMBCコンシューマー・ファイナンスの調査によると、20代の貯蓄額が、コロナ禍前の前回調査と比較して伸びていることが分かった。前回2019年12月の調査で平均53万円だった貯蓄額は、19万円増加して72万円となった。さらに既婚者では前回の70万円から126万円と大幅に増加した。(2021/1/14)

三井住友フィナンシャルグループ・太田純社長
決済・資産運用の強化で収益(2021/1/12)

【事例】データ×Tech:
三井住友海上が実践する「RisTech」とは? データドリブンなビジネス開発とデータ活用人材育成
保険業界にもDXの波が押し寄せる。三井住友海上は「RisTech」という新しい取り組みにリソースを投下する。彼らが目指す新しい価値創出のアプローチの一端を聞いた。(2021/1/7)

南海電鉄の改札機で「Visaのタッチ決済」「QRコード」の実証実験
三井住友カードらは、2021年春から南海電鉄の駅で「Visaのタッチ決済」と「QRコード」を利用した入出場の実証実験を実施。事前にアプリまたはWebサイトで購入し、直接入出場できることで利便性向上と接触頻度の低減を図る。(2020/12/24)

なんばと関空など:
クレカで電車に乗れる 南海電鉄の改札でVisaのタッチ決済の実証実験
ビザ・ワールドワイド・ジャパン、南海電気鉄道、三井住友カード、QUADRACの4社は、2021年春から南海電鉄の一部の駅で、Visaのタッチ決済とQRコードによる入出場の実証実験を行うと発表した。改札にVisaのタッチ決済機能を備えたクレジットカードなどをかざすことで、通過と運賃精算を行える。駅の改札で、Visaのタッチ決済による入出場を可能にするのは国内初。(2020/12/24)

三井住友FG、広告事業に参入へ データビジネス強化
クレジットカードなどのキャッシュレス決済データを活用し、特定の顧客に向けた広告ビジネスを展開する。(2020/12/23)

三井住友FG、広告事業に参入へ データビジネス強化
 三井住友フィナンシャルグループの太田純社長は21日までに産経新聞のインタビューに応じ、令和3年度にも広告事業に参入する計画を明らかにした。クレジットカードなどのキャッシュレス決済データを活用し、特定の顧客に向けた広告ビジネスを展開する。低金利環境が長期化し、金利で稼ぐことが厳しくなる中、新たな収益源としてデータビジネスを強化する。(2020/12/22)

三井住友カードかたる詐欺メールに注意 アカウント情報・クレカ情報を窃取
三井住友カードをかたるフィッシング詐欺の報告が増えている。フィッシング対策協議会が注意喚起。詐欺サイトに誘導し、アカウント情報やクレジットカード情報を抜き取るという。(2020/12/11)

三井住友銀、店舗でローカル5Gの実験 Webカメラの映像をAIで解析、不審者を検知
三井住友銀行とNECなど4社が、銀行の店舗にローカル5Gネットワークを構築する実験を行う。店内のカメラをネットに接続し、AIによる映像解析などをテストする。リモート接客システムなどの実用化も目指す。(2020/12/11)

PayPayモール、Yahoo!ショッピングの購入家電に修理保険 最大5年間で50万円まで ヤフーと三井住友海上
ヤフーと三井住友海上火災保険は12月10日、ヤフーが運営するECサイト「PayPayモール」「Yahoo!ショッピング」で購入した家電製品が故障した際、修理サービスなどを受けられるサービス「あんしん修理保険」を始めた。(2020/12/10)

ハイテク株を舐めてはいけない 2021年の市場は「ゴルディロックス」に 
2021年の経済はどう動くのか。三井住友DSアセットマネジメントの石山仁チーフストラテジストは、「IT株の評価額が高すぎると考える人もいるが、そこには新しい需要が生まれ始めていて、ITセクターが牽引して新しい付加価値を生む。ハイテク株を舐めてはいけない」と話す。(2020/12/10)

ドコモ、三井住友DSと業務提携 携帯運用データを活用した投信「dインパクト」提供
NTTドコモと三井住友DSアセットマネジメントが業務提携。ドコモの携帯ネットワークデータを活用した投資信託を提供する。(2020/12/1)

ダイナースが券面番号レスに カードデザイン刷新
三井住友トラストクラブは、クレジットカードの「ダイナースクラブカード」のデザインを刷新し券面表にカード番号のないデザインに切り替えると発表した。12月1日から新デザインのカードを発行開始する。(2020/12/1)

福岡ソフトバンクホークスの日本一記念キャンペーン 最大31.5万円相当のPayPayボーナスなど
ソフトバンクらは、福岡ソフトバンクホークスのSMBC日本シリーズ2020の優勝を記念した「ソフトバンクホークス 日本一キャンペーン」を順次開催。PayPayボーナスやTポイント、クーポンのプレゼントや割引セールなどを行う。(2020/11/26)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
2000ユーザーのVDIを再構築、三井住友DSアセットマネジメントのインフラ刷新術
Windows 10への移行やテレワークへの対応を視野に、VDIの全面的な再構築に取り組んだ三井住友DSアセットマネジメント。DaaSではなくオンプレミスでの構築を決断した同社が選んだ、新たなインフラとストレージとは?(2020/11/2)

iD決済対応の「Visa LINE Payプリペイドカード」12月開始 LINE Pay カードの新規発行は終了へ
LINE Payと三井住友カードは、戦略的業務提携の推進を発表。まずは2020年12月にVisaブランドのバーチャルプリペイドカードを「LINE」アプリ内で発行し、2021年春にはVisaブランドのクレジットカードでも「チャージ&ペイ」が利用可能になる予定だ。(2020/10/30)

LINE Payと三井住友カード戦略提携 LINEユーザー基盤と三井住友加盟店網生かす
LINE Payと三井住友カードは10月30日、戦略的提携を進めると発表した。LINEのユーザー基盤と、三井住友カードの加盟店網という両社の強みを生かし、キャッシュレス決済を推進する。三井住友カードは、4月にVisa LINE Payカードの発行を開始しており、この取り組みを拡大する形だ。(2020/10/30)

クラウドニュースフラッシュ
IBM Cloudの「大阪リージョン誕生」は何がうれしいのか?
IBMの大阪リージョン開設や国内のパブリッククラウド市場予測、SMBCモビットの「Red Hat OpenShift」導入事例など、クラウドに関する主要なニュースを取り上げる。(2020/10/30)

三井住友銀行が「ネットバンキングを利用しない人」に新たな手数料
ネットバンキングの利用者に向けた手数料無料キャンペーンも開始予定です。(2020/10/7)

三井住友銀、ネットバンキング未利用者に手数料 紙通帳にも年550円 来年4月の新規口座から
三井住友銀行がペーパーレス化で新手数料。来年4月以降に新たに口座を開設する顧客が、ネットバンキング未設定かつ2年以上取引がなく、残高が1万円未満の場合、年1100円を貯金残高から差し引く。同月以降に新規口座で紙の通帳を利用する場合、年550円の手数料を取る。(2020/10/7)

議決権行使集計1300社超で誤り 三井住友信託とみずほ信託
 三井住友信託銀行とみずほ信託銀行は24日、両行が請け負っていた株主総会での議決権行使の集計作業で、不適切な事務処理を行っていたと発表した。合わせて1300社超の総会で株主の意見が一部反映されていなかった。株式会社の最高意思決定機関で、株主の権利を奪いかねない事態が生じていた。(2020/9/25)

「電力使用データに応じて保険料を割り引く」といった使い方も:
IoTを活用して家庭の防災や見守りを支援 三井住友海上、NTTドコモなど4社が共同開発
三井住友海上火災保険と東京電力パワーグリッド、NTTドコモ、エナジーゲートウェイの4社は、防災と減災、省エネ、高齢者や子どもの見守りといった課題に向けて、先進デジタル技術を活用した新商品やサービスを共同で開発する。(2020/9/10)

三井住友カードとコンカーが業務提携 デジタル経費精算で連携
三井住友カード(東京都港区)と経費精算SaaSなどを提供するコンカー(東京都中央区)は9月8日、戦略的業務提携を発表した。企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を共同で推進する。(2020/9/8)

三井住友海上とUber Eatsが連携 配達パートナーの事故防止支援など
三井住友海上は、Uber Eatsと包括的な連携協定を結んだ。自転車や原付バイク、軽自動車を使う配達パートナーの交通事故防止の支援などに取り組む。(2020/9/1)

三井住友カードが“ポイント特化型”のプラチナカード発行 特約店で最大+9%を還元
三井住友カードが、9月1日から「三井住友カード プラチナプリファードカード」を発行する。年会費は3万円(税別)だが、入会して3カ月後までに40万円以上を利用すると4万ポイントを還元する。利用額に応じたVポイントの還元率は1%(100円1ポイント)だが、特約店ではさらにプラス1〜9%を還元する。(2020/8/27)

還元率最大11%「ポイント特化型」の三井住友プラチナプリファードが登場
年会費3万円超ながら、基本還元率が1%、さらに特約店では追加で1〜9%の追加還元を行うプラチナカードが登場。さらに前年利用額に応じて約1%の還元も付き、国内で最大11%、海外では最大4%が還元される。(2020/8/26)

大手銀行の送金手数料値下げは本質的か? Fintech協会理事に聞く
三菱UFJ、三井住友、みずほ、そしてりそな銀行が、個人間の送金手数料を引き下げる検討に入ったと、8月頭に報じられた。新興のキャッシュレスサービス事業者などから、チャージにかかる手数料が高いとたびたび指摘されており、政府もこれを問題視してきていた。こうした動きについて、直接の影響があるキャッシュレスサービス事業者はどう見ているのか。(2020/8/25)

三井住友海上、社員の働きがいと生産性の向上に向け、従業員エンゲージメント解析ツールを全社導入
三井住友海上は、アトラエ、日本生産性本部と連携し、エンゲージメント解析ツール「wevox」を全社導入して、従業員エンゲージメントと生産性の向上を図る取り組みを開始した。wevoxによる「組織サーベイ」の結果を基に組織の課題を可視化し、現場主導の組織改善を進める。(2020/8/24)

横浜銀行、スマホ決済に「iD」追加 QRコードからシフト
横浜銀行は8月20日、三井住友カードと提携して、QRコード決済サービス「はまPay」に、新たに非接触決済サービス「iD」で支払える「はまPay タッチ決済」の機能を追加した。「QRコード決済か非接触決済かはお客さまに選んでもらうもの」(横浜銀行の決済ビジネス戦略の室鳥山幸晴室長)とする。(2020/8/20)

三井住友FG傘下のプラリタウン、中堅・中小企業のデジタル化推進でセールスフォースと提携
三井住友FGの子会社プラリタウンは、国内中堅・中小企業のデジタル化推進に向け、セールスフォース・ドットコムと業務提携を締結した。グループの取引先となる中堅・中小企業との取引基盤に独自のプラットフォームサービスを活用し、デジタルソリューションの提供で企業の競争力強化を支援する。(2020/8/12)

奥谷孝司氏と佐々木丈也氏が語る:
「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取るべき行動とは何か。奥谷孝司氏(オイシックス・ラ・大地/顧客時間)と佐々木丈也氏(三井住友カード)が語った。(2020/8/4)

行員減少数は過去最大:
国内79の銀行の平均年間給与は608万8000円 3位はあおぞら銀、2位は三井住友……1位は?
東京商工リサーチは7月30日、国内79の銀行における2020年3月期の平均年間給与が608万8000円だったと発表した。(2020/8/3)

SMBCとSBIの両グループ提携が加速 ネオモバイル証券と三井住友銀行が連携
三井住友フィナンシャルグループ(三井住友FG)とSBIホールディングスの提携が加速している。7月30日、それぞれのグループ傘下にある三井住友銀行と、SBI証券ならびにSBIネオモバイル証券の具体的な提携内容を発表した。(2020/7/30)

SBI証券の投信積立が三井住友カードで可能に ポイントも付与
三井住友カードとSBI証券は、SBI証券の投信積立を三井住友カードのクレジットカードを使って決済できるようにする。決済金額の0.5%分のポイント(Vポイント)も付与する。(2020/7/28)

新機能実装で特約付帯率が約2.5倍に:
三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構築。これを使って顧客体験価値を向上させている。(2020/7/6)

三井住友カードがマイナポイント事業に参画 抽選で1万ポイントが当たるキャンペーンも
三井住友カードは、総務省が実施する「マイナポイント事業」への参画を発表。Vポイント付与対象の個人向けカードを登録でき、登録者の中から抽選で100人にV ポイントを1万ポイントをプレゼントするキャンペーンを行う。(2020/6/30)

三井住友カードの決済端末「stera terminal」が始動 店舗側のメリットは?
三井住友カードが提供する決済プラットフォームの「stera」の決済端末「stera terminal」の本格設置が7月6日から開始する。クレジットカード、電子マネー、コード決済をまとめて三井住友カードが管理し、オンライン・オフラインの双方の決済情報をまとめて管理できる。stera terminal専用のアプリマーケット「stera market」も公開した。(2020/6/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。