ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「カーボンオフセット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カーボンオフセット」に関する情報が集まったページです。

脱炭素:
脱炭素阻む「意識の低さ」と「予算の少なさ」、製造業の実態調査レポート
ウイングアーク1stは2022年7月19日、製造業を対象とした「カーボンニュートラルの実態調査」を発表した。調査からはカーボンニュートラルの重要性が業界全体で広く認識されている一方で、社内での取り組みを推進する上で「予算の少なさ」や「意識の低さ」といった課題を抱える企業が存在する様子が読み取れる。(2022/7/21)

カーボンクレジットをオンライン購入できるマーケットプレイス開始 e-dashが国内初
CO2排出量の可視化サービス「e-dash」を提供するe-dashは7月13日、カーボンクレジットをオンラインで購入できるマーケットプレイスの提供を始めた。企業は、カーボンクレジットを少量から手軽に購入可能となる。(2022/7/13)

自分のCO2排出量を可視化できるクレカ「セゾンカードデジタル for becoz」 カーボン・オフセットも可能
クレディセゾンは6月2日から、利用者のCO2排出量を可視化できるクレジットカード「セゾンカードデジタル for becoz」の発行を開始した。カーボンニュートラルなライフスタイルを送りたいと考えるユーザーに訴求する。(2022/6/3)

Apple新製品発表をさらに楽しむ方法 「緑のまとめスライド」の見方と真の目的
Appleのイベントで毎回紹介される「緑のまとめスライド」。この表には独特な見方があり、それを知ると同社の発表会を違った角度で楽しめるようになるという。林信行氏が分かりやすく解説する。(2022/5/19)

製品動向:
日立アーバンエース HFがiF DESIGN AWARD 2022を受賞
日立ビルシステムの標準型エレベーター、「アーバンエース HF」が、iF International Forum Designが主催する「iF DESIGN AWARD 2022」を受賞した。(2022/5/11)

産業動向:
日鉄高炉セメントの本社に適用した低炭素型コンクリでJ-クレジットを取得、竹中工務店
竹中工務店は、「J-クレジット制度」を活用し、日鉄高炉セメントが福岡県北九州市で保有する本社ビルで、地下躯体部分のCO2削減に貢献する「ECMコンクリート」に置き換えたことにより、CO2排出削減量の64トン分についてクレジットを取得した。(2022/3/30)

脱炭素:
帝人のグループ会社が韓国で再生可能エネルギー由来電力を導入
帝人のグループ会社テイジン・リエルソート・コリアが、再生可能エネルギー由来の電力を導入するなど、脱炭素への取り組みを開始する。まずは年間使用量の約30%を置き換え、2025年には全量の再生可能エネルギー化を目指す。(2022/3/24)

脱炭素:
サプライチェーン上のGHG排出量を可視化、CO2削減を支援するサービス
PwCコンサルティングは2022年2月1日、CO2排出量を可視化するプラットフォームなどを手掛けるbooost technologiesと連携して、企業のサプライチェーン上におけるGHG排出量の可視化、削減サービスを提供開始すると発表した。(2022/2/2)

「CO2削減」の具体的な成果につなげる
データセンター脱炭素のこつは? “最も持続可能な企業”のノウハウ
膨大な電力を必要とするデータセンターなどの事業において脱炭素を進めるにはどうすればいいのか。Schneider Electricの知見を基に、CO2削減のポイントをまとめる。(2022/2/15)

2022年に本格展開へ:
サプライチェーンのGHG排出量、正確に把握へ NRIの新システム
NRIは、サプライチェーン全体のGHG排出量把握とトレーシングを支援する「カーボントレーシングシステム(NRI-CTS)」を開発した。2022年の本格展開に向け、より正確かつタイムリーな把握が可能な実測値による測定の実証実験を開始する。(2021/12/16)

BIM:
日本設計とAutodeskがBIM本格普及に向け包括契約、BIMプロセス確立や設計BIMの省エネ検討などで協業
日本設計と米Autodeskは、国内のBIM本格普及に向けた3度目となる包括契約を更新した。両社の協業では、次の段階として、BIMワークフローの確立、高品質化・高性能化に寄与するBIMの構築、ビッグデータ活用の3本柱を掲げる。(2021/11/24)

プロジェクト:
総延べ床面積55万m2の再開発プロジェクトが芝浦で始動、野村不動産ら
野村不動産、野村不動産ビルディング、東日本旅客鉄道(JR東日本)は、東京都港区で、再開発計画「芝浦一丁目プロジェクト」の起工式を2021年9月28日に行い、総延べ床面積が約55万平方メートルの施設開発に着手した。(2021/10/26)

プロジェクト:
千葉県流山市で延べ15.5万m2の次世代物流施設が竣工、日本GLP
日本GLPは、千葉県流山市で計画を進めていた物流施設「GLP ALFALINK 流山8」が竣工したことを公表した。(2021/9/27)

京急が空港線の運行電力をCO2フリーに、FIT非化石証書を活用
京浜急行電鉄は、京急空港線で使用される鉄道運転用電力量をCO2フリーな電力に切り替えた。(2021/8/17)

Microsoftが脱炭素対策向けSaaS「Microsoft Cloud for Sustainability」を発表
炭素排出量の削減がいよいよ本格的に問われるようになってきた。しかしこれを企業レベルで効果的に取り組むにはツールが不足しているのが現状だ。Microsoftは「スプレッドシートでの管理は非効率」としてSaaS型ツールで企業の脱炭素対策を支援する。(2021/7/16)

製造マネジメントニュース:
日本製鉄が国内の高炉と製造ラインを休止拡大も、年粗鋼生産1億トンへ3兆円投資
日本製鉄が2025年度をめどとする中長期経営計画を発表。高炉や製造ラインの休止の追加で国内製鉄事業の再構築を進めて早期の収益力回復を図るとともに、海外事業の深化と拡充、「ゼロカーボン・スチール」への挑戦、DX戦略の推進が柱となる。グローバル粗鋼生産能力については年間1億トンを目指し、5年累計の投資総額は3兆円に達する。(2021/3/8)

東武鉄道グループのバス事業を支える:
PR:社会インフラを守るためのBCP対策に、東武エナジーサポートが選んだ蓄電池とは?
近年頻発する自然災害を背景に、BCP対策としての蓄電システムに関心が高まっている。東武エナジーサポートが導入したのは、ニチコンのポータブル蓄電システム(ESS-P1S1)だ。同社はなぜニチコンの蓄電システムを採用したのか――その理由を聞いた。(2020/12/9)

自然エネルギー:
ホテルニューオータニ、実質CO2フリーの都市ガスを導入 業界初の事例に
ニュー・オータニがガスコージェネレーションシステム(CGS)で使用する都市ガスを、カーボンニュートラル都市ガスに切り替え。東京ガスから供給を受けるもので、ホテル業界初の導入になるという。(2020/10/28)

Google、2030年までに100%カーボンフリーになる目標を宣言
Googleが、2030年までに自社のデータセンターやオフィスで使うエネルギーを100%カーボンフリーにすると宣言した。また、過去の排出量をすべて排除し、カーボンフットプリントをゼロにしたとも発表した。(2020/9/15)

蓄電・発電機器:
CO2ゼロとみなせる都市ガスで水素供給、東京ガスらが東京・豊洲に水素ステーション
東京ガスは、日本水素ステーションネットワーク合同会社(JHyM)と共同で東京都江東区に建設した「東京ガス豊洲水素ステーション」の開所式を行った。豊洲ステーションは、カーボンニュートラル都市ガスを原料に水素を製造する。(2020/1/28)

エネルギー管理:
再エネの環境価値をブロックチェーンで取引、J-クレジット準拠の新実証
デジタルグリッドは、ブロックチェーンを活用した環境価値取引手法を、「J-クレジット制度」のプログラム型プロジェクトの新属性に適用すると発表した。太陽光発電など再生可能エネルギー設備の自己消費価値を高め、再エネの導入拡大を後押しする実証に取り組む。(2019/12/10)

電力供給サービス:
CO2排出をゼロとみなせる都市ガス、東京ガスが日本初となる供給へ
東京ガスが都内のビル施設に対し、CO2排出量をゼロとみなすことができるカーボンニュートラル都市ガスの供給を発表。カーボンニュートラル都市ガスの供給は日本初という。(2019/10/25)

Amazon従業員4500人超、気候変動への真摯な取り組み求めベゾスCEOに公開書簡
Amazonの従業員がジェフ・ベゾスCEOと取締役会に対し、企業として地球温暖化対策に真摯に取り組むよう求める公開書簡を送った。書簡には4500人以上の従業員が実名で署名している。(2019/4/11)

太陽光:
インドネシアのイオンで太陽光発電、二国間クレジットでCO2削減に
伊藤忠商事とイオンモールは、インドネシアで二国間クレジット制度を利用した太陽光発電事業に着手する。イオンモールがジャカルタに開設する新店舗の屋根に太陽光発電と蓄電池を導入し、年間550トンのCO2排出量削減を目指す。(2017/9/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
パリ協定の真実
世界中で内燃機関の中止や縮小の声が上がっている。独仏英や中国、米国などの政府だけにとどまらず、自動車メーカーからも声が上がっている。背景にあるのが「パリ協定」だ。(2017/9/4)

自然エネルギー:
宝塚歌劇を“CO2排出ゼロ”で公演、「J-クレジット」を活用
阪急電鉄と大阪ガスは「J-クレジット制度」を活用し、2017年9月29日〜11月6日に「宝塚大劇場」で開催される全公演のCO2をオフセットする。(2017/7/6)

電力供給サービス:
再エネ投資を活性化、楽天が“環境価値”の取引市場を創設
楽天とグローバルエンジニアリングは「環境価値」と「ネガワット」の私設取引プラットフォームを創設すると発表した。環境価値の取り引きの活性化を促し、再生可能エネルギーや省エネ分野への投資拡大への貢献を目指す。(2017/3/31)

電気料金の新プラン検証シリーズ(33):
24時間CO2ゼロの電力を販売開始、全国7地域で電力会社よりも安く
住宅の屋根に太陽光発電システムを無償で設置して、消費した電力をもとに電気料金を請求するユニークなプランがある。日本エコシステムが提供する電力小売サービスで、6月23日からCO2排出量がゼロになる新プランを開始した。月額100円の追加でカーボン・オフセットの仕組みを適用できる。(2016/6/23)

自然エネルギー:
ローソンが“揚げもの廃油”でバイオマス発電、店舗の調達電力を7割削減
コンビニ大手のローソンが兵庫県姫路市の店舗にバイオマス発電システムを導入した。揚げもの商品の調理で発生する廃油を活用して発電し、店舗の電力として使うことで省エネ化を図る。発電量は既存店舗の消費電力の約20%に相当する年間3万6000kWhを見込んでいる。こうした創エネに加え、徹底した省エネ施策も導入して調達電力を7割削減する。(2016/2/4)

電力供給サービス:
宝塚歌劇をCO2ゼロで、「J−クレジット制度」を活用
阪急電鉄と大阪ガスは、政府が運用する温室効果ガス排出削減の認証制度「J−クレジット制度」を活用した、「宝塚大劇場カーボン・オフセット公演」を開催し、期間中に排出される全てのCO2をカーボン・オフセットする。両社でこのような取り組みを実施するのは、2014年度に続き2回目。(2016/1/20)

自然エネルギー:
人口1万人の町にバイオマスと太陽光、発電事業者から基金を集める
縮小を続ける農林業を活性化させるために、岩手県の軽米町が再生可能エネルギーの拡大に乗り出した。発電事業は民間企業に任せて、売電収入の一部を町に還元する仕組みを導入する。町内の6つの区域を開発対象に選び、バイオマスと太陽光発電を促進して収入の増加を図る。(2015/4/9)

東京スカイツリー、「光の3原色」で発光中――青色LEDのノーベル賞受賞で
東京・墨田区の「東京スカイツリー」がRGB(赤・緑・青)の「光の3原色」に染まっている。(2014/12/15)

KDDI、経済産業省の「どんぐりポイント制度」に協賛――下取り金額に応じてポイントを寄付
KDDIは、経済産業省が実施する「どんぐりポイント制度」に協賛。ユーザーがau携帯電話などの下取りプログラムを利用した際、NPOやボランティア団体へポイントを寄付する。(2014/5/30)

ソニーモバイル、カーボンオフセット普及の「どんぐりポイント」キャンペーンを開催
ソニーモバイルコミュニケーションズは、Xperia Z1を通じてカーボンオフセットの普及・促進に向けた「どんぐりポイント」のキャンペーンを実施する。(2014/3/17)

自然エネルギー:
「湯」と「電力」が欲しいホテル、2つの技術を組み合わせて燃料代を半減
木質バイオマスを利用して大規模な発電を進める企業は少なくない。だが、用途によっては温水などの熱を主に確保し、少量の電力が必要な場合もある。福島ミドリ安全はIHIのバイナリー発電機を採用することで、このようなニーズに応えるシステムを作り上げる。(2014/1/17)

窪田順生の時事日想:
「劇場型詐欺」でカモられるのはどんな人?
「劇場型詐欺」の被害に遭う人が後を絶たない。架空の未公開株などに投資させる際、だます相手を信用させるために複数の人間がかかわっているのが特徴だ。そんな詐欺の手口にどんな人がカモられているのだろうか。(2013/12/17)

東京モーターショー2013:
工場排水で育てた藻からバイオ燃料を生産、デンソーが2020年をめどに開発
デンソーは、「第43回東京モーターショー2013」において、微細藻類からディーゼルエンジンに使用できるバイオ燃料を生産する取り組みの最新状況を紹介。2020年までに、バイオ燃料を1ヘクタール当たり年間25トン生産できる技術の開発にめどを付けたい考え。(2013/11/28)

杉山淳一の時事日想:
トラックドライバーが不足しているのに、鉄道貨物が盛り上がらない理由
鉄道は貨物を大量に効率よく輸送できる。同じ量をトラックで運ぶより、人手も少なく、環境に優しく、エネルギー効率も良い。しかし、鉄道貨物の輸送転換はなかなか進まない。その理由は……。(2013/5/17)

PR:無駄の発見、クラウドで一元管理、エネルギー可視化の新サービス
イトーキは、オフィスなどの施設で消費しているエネルギー量をユーザーに提示するサービス「Worksense Resourcelog」の提供を始めた。オフィスだけでなく、店舗や公共施設、工場などさまざまな施設で利用できる。オフィスをデザインしてきた経験を生かして、無駄なエネルギー消費を防ぐ方法の提案も進める。(2013/1/15)

イトーキ、カーボン・オフセットの支援ビジネスを開始
(2011/11/7)

モノづくり最前線レポート(31):
省エネルギーメモリ技術でユーザー企業の付加価値を高める――日本サムスン
日本サムスンは同社の第三世代DDR3に関するセミナーを開催。ビッグデータ時代に企業に求められる「価値」を提供する省エネルギー技術を披露した。本稿では当日の模様をダイジェストで紹介する。(2011/10/18)

知って得する「ビジネスプリンタ」ワード:
「TEC値」――やっぱり“省電力”は外せない
プリンタ/複合機の選択で後悔しないためには、知っておきたいキーワードがある。第1回は省エネ性能を知るために欠かせない指標の「TEC値」だ。(2011/10/11)

ドコモのFOMA網をMVNOで利用:
ソフィアモバイル、スマートフォンを使ったモバイルIP電話「エスモビ」で携帯電話事業に参入
ソフィアモバイルは、ドコモのFOMA回線とフュージョンのIP電話、中HuaweiのAndroidスマートフォンを組み合わせたモバイルIPでんわサービス「エスモビ」を7月下旬に開始する。中核となるSIPサーバとIP電話アプリは独自開発したもので、低コストかつ高品質なのが特徴だ。(2011/7/14)

環境配慮モノづくり最前線(2):
OKIデータが取り組む製品ライフサイクルを考慮した環境配慮設計
化学物質管理、CO2排出抑制など、エレクトロニクスメーカーを中心に、製造業に課される環境への責任は大きくなりつつある。メーカーの現場ではどのような取り組みが進められているだろうか。(2011/7/11)

“道徳的”な消費はデフレを救うか?
商品やサービスを購入することで、途上国支援や環境保護に貢献できるような試みが増えている。倫理的、道徳的な消費は「正義」ブームにも乗っかって、ムーブメントを起こすだろうか。(2010/12/15)

使いやすくなければエコにならない:
PR:“グローバル・エコ”に込められたカシオ「SPEEDIA GE5000」のメッセージ
カシオのカラーページプリンタ「SPEEDIA GE5000」は、“グローバル・エコ”という新たなコンセプトのもとに開発された初の製品だ。これまでのSPEEDIAシリーズが持つエコ機能をさらに際立たせ、かつ使いやすくしているのが大きなポイントとなっている。開発に携わった営業と技術者に、GE5000に託した思いを聞いた。(2010/10/18)

オルタナティブ・ブロガーの視点:
グループウェアのリアルな費用対効果
グループウェアを導入した場合の効果を金額で把握する方法をオルタナ・ブロガーの後藤和良氏が紹介します。(2010/9/3)

日本コカ・コーラ、ローソンと共同でカーボンオフセット付き清涼飲料水を販売
(2010/7/7)

ポイントは“本業”を通じた環境経営――ゴールドウインの自転車通勤制度
スポーツウエアメーカーのゴールドウインが、エコ通勤の促進を目的に、自転車を正式な通勤手段として認める社内制度を始めた。今回は、本業と関係のない上っ面だけのCSR活動に比べて、この取り組みのどこが異なっているのかを見ていこう。(2010/5/14)

あなたの隣のプロフェッショナル:
W杯パブリックビューイングの仕掛け人――イベントコンサルタント・岡星竜美さん
2002年日韓W杯でのべ20万人が熱狂したパブリックビューイング。このイベントを仕掛けた男がイベントコンサルタントの岡星竜美さんだ。彼は今、地方を活性化させるためのイベント企画に取り組んでいる。数々の企画にたずさわってきた岡星さんのイベントにかける思いや、仕事の原動力について尋ねてみた。(2009/12/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。