ITmedia NEWS >
ニュース
» 2023年03月09日 11時39分 公開

メルカリ、ビットコイン取引に参入 売上金やポイントで購入可能

メルカリは3月9日、メルカリアプリ内でビットコインの売買ができる新サービスの提供を開始した。売上金や残高、ポイントなどで1円からビットコインが売買できる。

[斎藤健二ITmedia]

 メルカリは3月9日、メルカリアプリ内でビットコインの売買ができる新サービスを、子会社のメルコインを通じて提供開始した。売上金や残高、ポイントなどで1円からビットコインが売買できる。

4800万人のライトユーザーをビットコインの世界にいざなう

 メルカリと取引を行う販売所形式で、対応するのはビットコインのみ。スプレッドは片側1%となっており、入出庫や送金はできない。ビットコインBTC保有量ではなく円換算で、メルカリのマイページに保有量を表示する。

 「暗号資産、ブロックチェーンを始めるきっかけとなるサービスを開始する」とメルコインの中村峯太CPOは話した。

メルカリビットコイン取引の特徴

 申し込みもメルカリアプリ内で完結する。本人確認が完了していれば、30秒で申し込みが完了し売買が行える。

 暗号資産は人気の金融資産だが、未だに利用者は限られている。国内の暗号資産口座数は640万だ。メルカリCEO Fintechの山本真人氏は、メルカリユーザー約4800万人に暗号資産にアクセスできる手段を提供することで、「メルカリの年間取引量約1兆円が暗号資産の世界に入ってくる」とした。「暗号資産業界をリードする販売所になりたい」(山本氏)

 また、ビットコインはマイニングによる電力消費が課題とされることを受けて、ビットコイン取引量に応じたカーボン・オフセットも実行するとした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.