ニュース
» 2015年06月08日 19時15分 UPDATE

PFU、スキャナに“e-文書法最適化”モード 面倒な設定が不要に

20機種に、面倒な設定の手間なくe-文書法に最適化したスキャンを行える仕組みを実装する。

[ITmedia]
Photo PFUの20機種が新たにe-文書法最適化に対応

 スキャナボタンを押すだけで、e-文書法に適した品質で書類をスキャンできる――。PFUが自社のイメージスキャナに、面倒な設定の必要なしにe-文書法に適した品質のスキャンができるモードを実装した。このモードはfiシリーズとScanSnapシリーズに搭載される。

 fiシリーズについては、e-文書法に定められた画質を満たす設定ファイルを全機種に搭載。ScanSnapシリーズは、iX500のみに搭載していた「e-文書法対応モード」を全機種に拡大する。契約書を裁断することなくスキャンできるオーバーヘッド型スキャナ「ScanSnap SV600」は、専用の一体型原稿台を提供することで、e-文書法に定められた「原稿台と一体型の製品に限定する」というスキャナの条件に対応させる。

Photo SV600は専用の一体型原稿代を用意

 e-文書法は2015年に9月に改正が予定され、これまでデジタルデータのみの保存が認められていなかった3万円以上の契約書や領収書は、金額の上限がなくなり、スキャンしたらすぐ、紙の原本を処分できるようになる。PFUでは、今回の改正でデータスキャンのニーズが高まると予想されることから、e-文書法対応モード対応機種の拡大に踏み切った。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -