ニュース
» 2015年06月25日 13時25分 UPDATE

NEC、大規模仮想化基盤向けサーバ発売

プライベートクラウドやITサービス提供基盤など大規模な仮想化統合基盤に適した「Express5800シリーズ」のサーバ2機種を発売した。

[ITmedia]

 NECは6月25日、大規模な仮想化基盤向けサーバの新製品「Express5800/R140f-4」と「Express5800/B120f-h」を発売した。最新CPUの採用で処理性能を向上させると同時に、システムダウンにつながるメモリ障害を回避する新機能を搭載する。

 ラックサーバのExpress5800/R140f-4ではCPUに「インテルXeonプロセッサーE7-8800v3/4800v3製品ファミリー」を採用。従来機比で性能を最大20%向上させた。また、メインメモリのスペア領域の設定範囲を拡大させ、メインメモリ領域が複数回の障害に遭った場合でも、システムを継続稼働させることができるという。I/Oカードに対する耐障害性も高めた。

nec06251.jpg Express5800/R140f-4

 ブレードサーバのExpress5800/B120f-hではCPUに「インテルXeonプロセッサーE5-2600v3製品ファミリー」を採用して、性能を従来機比で最大40%向上させた。メモリの最大容量も576Gバイトに増やし、仮想サーバへ割り当てるメモリ容量や将来の拡張性を確保できるようにしている。

nec06252.jpg Express5800/B120f-h

 製品価格はExpress5800/R140f-4が145万4000円から、Express5800/B120f-hが66万1000円からとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -