レビュー
» 2015年06月30日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:BCP対策のプロが指摘する、業務継続と災害対策におけるレプリケーションの注意点

「いわば保険である事業継続対策に、高額なコストは掛けられない」。一般的な企業にとって正直な考え方だ。BCPソリューションの多くの実績を持つリコージャパンは、レプリケーションソフトウェアの活用が低コストと確実な事業継続の両立のための重要な要素だと指摘する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 東日本大震災以降、企業にとって情報システムの継続運用は必須要件となっている。しかし、いわば保険であるBC対策に多大なコストは掛けられない。BCPソリューションの提案実績を多く持つリコージャパンのITソリューションコーディネーターは、重視すべきは「ダウンタイムの短縮」と「災害対策」だと解説する。その観点で注目したいのがレプリケーションソフトウェアの活用だ。

 この資料では、BCP対策のプロであるリコージャパンに、業務継続や災害対策におけるレプリケーションソフトウェアの活用メリットを聞く。可用性向上と遠隔地へのデータ保護が目的ならば、他にもソリューションはある。ではなぜ同社はレプリケーションソフトウェアを推奨するのか。遠隔地レプリケーションで気を付けるべき事項なども併せて聞いた。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -