レビュー
» 2015年07月07日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:仮想化によるBCPとディザスタリカバリの手引き

多くの企業で導入が進む仮想化技術。最近ではビジネス継続やディザスタリカバリといった、リスク管理の視点からもそのメリットが評価されている。仮想化によるBCPとディザスタリカバリの具体的な効果を、事例を交えて解説しよう。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 企業信用情報を提供する米企業Dun & Bradstreetの調査によると、米国をハリケーン サンディが襲った後、この被害で企業に支払われた保険金総額は200億ドルを超えたという。また、同社の報告によると東日本大震災の被害はさらに大きく、715の業種で31万2000人の従業員が影響を受けたという。

 一方、人災による被害も深刻だ。2011年から2012年にかけて、DDoS攻撃の発生回数は20%近く増加し、システム停止につながる可能性があるハッカー攻撃や悪意のあるコードの侵入も急増している。こうした天災や人災が引き起こす計画外のITシステムのダウンタイムは、全世界において毎年数百億ドルの損失を発生させているのだ。

 そんな中、多くの企業で導入が進んでいる仮想化は、今リスク管理の視点からもそのメリットが注目されている。本資料では、仮想化によるビジネス継続とディザスタリカバリの効果を、3社の事例を交えて詳しく解説していこう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ