ニュース
» 2015年07月10日 08時00分 UPDATE

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:第19回 日本語版と“日本語化版”、何が違うの? (1/2)

ITシステムの表示言語が母国語=日本語だと少しホッとします。しかし、だからゆえのトラブルもあります。では、日本語版と“日本語化版”、何が違うか分かりますか?

[小川大地(日本HP),ITmedia]
photo

 以前の記事でも少し触れた「日本語化」。

 日本人にとって、母国語での表示はフレンドリーであり、ホッとするものですが、システムにとってみれば必ずしもよいとは限りません。

 日本語だからゆえのトラブルもあります。リスクマネジメントの一環として、今回はここを考えてみましょう。


日本語版と“日本語化”版

 メーカーでは、日本語対応にあたり3〜5段階のグレードを設けて検討します。

photo 日本語対応で設定するグレードの例
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -