ニュース
» 2015年07月13日 16時10分 UPDATE

脅威の予測に人工知能 IIJがセキュリティソリューション開発へ

人手を介さずリアルタイムに大量の通信トラフィックを監視し、異常を検知することで、新たな脅威の予測と迅速な対策が可能になるかどうかを検証する。

[ITmedia]
Photo

 大量のトラフィックを人工知能の技術で監視し、素早い脅威の発見につなげる――。IIJが、人工知能を活用したセキュリティソリューションの開発に乗り出すことが分かった。8月から、自社のネットワークにAI技術を導入し、サイバー攻撃の自動解析や判断、学習についての有用性を確かめる実証実験を開始する。

 人工知能の技術を使って24時間365日、人手を介さずリアルタイムに大量の通信トラフィックを監視し、異常を検知することで、新たな脅威の予測と迅速な対策が可能になるかどうかを検証。その結果をふまえて2015年度秋をめどに実用化に向けた技術検証を進め、2016年度の商用化を目指す。

 IIJは、人工知能をセキュリティソリューションに活用することで、各種操作の自動化や障害発生時の状況分析に基づく自動切り替えなど、従来は人手を介して行っていた対応を素早く正確な形で自動化できる可能性があるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ