ニュース
» 2015年07月24日 15時01分 UPDATE

MFクラウド請求書、みずほ銀とデータ連携 入金予定の請求データと自動照合可能に

マネーフォワードとみずほ銀行がデータ連携で提携。MFクラウド請求書よりみずほ銀のサービスを参照し、100%近い照合率で請求データと入金データをマッチングできるようにする。

[岩城俊介,ITmedia]

 マネーフォワードは7月24日、みずほ銀行との連携を発表。法人向けクラウド型請求書一括管理ソフト「MFクラウド請求書」の自動入金消込機能内で、みずほ銀行の入金管理サービス「ベストレシーバー」への入金情報を自動取得し、入金予定の請求データと自動で照合できるようにする。MFクラウド請求書利用者向けにすでにβ版を提供、2015年8月3日より正式版の提供をはじめる。

photo みずほ銀行の入金管理サービスと連携し、入金予定の請求データと自動照合できるようにする

 MFクラウド請求書の「自動入金消込機能」は、請求データと銀行口座の入出金データの照合作業を自動化し、これまで手間のかかっていた入金消込に関する作業を大幅に効率化できるとうたうもの。請求書を発行する際に取引先ごとに振込指定口座番号を自動付与し、請求書データの振込指定口座番号と自動で取得したみずほ銀行・ベストレシーバーの口座番号を含む入金データを照合することで、100%に近い照合率で請求データと入金データを照合できるようにした。

 マネーフォワードは、クラウド型会計ソフト「MFクラウド会計」を中心にMFクラウドシリーズを展開するFinTech(金融とITを組み合わせて革新的な事業を展開する新興企業やその概念)系主力企業の1社。中堅中小企業や個人事業主を中心にサービスを拡充し、利用者を増やしている。MFクラウド請求書は見積書、納品書、請求書の作成から、送付、受取までの請求書関連業務をクラウドを軸に一元管理できるサービス。今後、クラウド型会計ソフト「MFクラウド会計・確定申告」との連携で入金仕訳まで全自動化できる機能の実装も予定する。無料で使える「Free」版、取引先登録数無制限の「Basic」(月額2980円)など、取引先登録数や利用者の上限、使える機能に応じて全6つのプランを用意する。

photo MFクラウド請求書の特徴

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ