レビュー
» 2015年08月05日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:迫る消費税改正、ここだけは気をつけたいシステム対応のポイント

消費税改正までカウントダウンが始まった。税率引き上げに伴い、業務システムも対策を余儀なくされている。システムの対応にあたり注意すべき点をチェックしておこう。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 2014年4月1日より消費税率が8%に引き上げられる。さらにその1年半後の2015年10月には10%へと2段階で税率引上げが実施される予定だ。今回の消費税法改正では、税率アップと一定要件に関して現在の消費税率が適用される経過措置が設けられている点に注意したい。システム対応においても「税率アップ」と「経過措置」では、対象となるシステムの範囲と対応が必要な時期が異なるため、対応を分けて考えねばならない。特に経過措置対応については、業種や取引内容で対応方法が異なるためより注意が必要だ。

 「税率アップ」では、財務、販売管理などの期間システム全般や税務申告システムが対象となり、2014年4月1日以降に発生する取引に関連する営業活動を行うタイミングまでの対応が必要だ。一方「経過措置」対応は、資産管理や工事管理など一部業務に限定されるが、指定日(2013年10月1日)以降の契約への対応が必要なため、早急な対策が求められる。

 資料では、消費税改正の概要とシステムへの影響、対応すべき内容をわかりやすくまとめている。また、既に消費税改正に対応した業務パッケージについて紹介。いち早く税制改正に対応できる柔軟性を備えたシステムの概要と改正への対応点を詳しく解説していく。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ