ニュース
» 2015年10月22日 07時58分 UPDATE

WikiLeaks、CIA長官の私用メール情報を掲載

米中央情報局(CIA)長官の私用メールアカウントから流出したとされる情報が、告発サイトのWikiLeaksに掲載された。

[鈴木聖子,ITmedia]
wkles01.jpg WikiLeaksが公開したCIA長官のものとするメール

 告発サイトのWikiLeaksは10月21日、米中央情報局(CIA)のジョン・ブレナン長官の私用メールアカウントから入手したとする情報を掲載した。ブレナン長官は情報関連プロジェクトのために私用メールを使うことが時折あったとしている。

 報道各社はこれに先立ち、ブレナン長官が使っていた米AOLのメールアカウントが何者かにハッキングされ、公務関連の情報やブレナン氏の個人情報が流出したと伝えていた。

 ブレナン長官の前任だったデービッド・ペトレイアス氏も、機密情報の扱いに関する問題が発覚して2013年に辞任に追い込まれている。

 WikiLeaksによると、ブレナン氏は1980年〜2005年までCIAに勤務した後、情報分析企業のThe Analysis Corp(TAC)を設立。中国やイランなどにかかわるオバマ陣営の外交政策にかかわり、2009年に大統領補佐官(国土安全保障・テロ対策担当)に就任した。

 今回同サイトに掲載されたのは2007年〜2008年にかけての文書で、ブレナン氏個人の身上書や対イラン外交に関する提言、テロ容疑者の尋問手段などに関する内容が含まれている。

wkles02.jpg CIA長官のメール暴露を宣言

ITmedia エンタープライズ編集部からのお知らせ

プロフェッショナルトークにこの連載でおなじみ、萩原 栄幸氏をお招きして、「内部脅威にも外部脅威に対抗可能な情報漏洩対策」をテーマに勉強会を開催いたします。

日 時:2015年11月12日(木) 18:00〜20:10(受付 17:30〜)

会 場:アイティメディア セミナールーム

参加費:無料(事前登録制)

詳細・お申込みはこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ