ニュース
» 2015年11月18日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:“脱電子メール”で生産性向上、実現の裏側には何がある?

今までコミュニケーションの主力プラットフォームだった電子メールの時代の終わりが近づいている。脱メールで生産性向上を果たした2つの企業の事例を紹介する。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 どのテクノロジーにも寿命はある。電子メールは依然として企業における主要な連絡方法となっているが、今後数年の間に大きな変化が訪れる可能性がある。実際に社内のコミュニケーションとしてソーシャルコラボレーションソフトウェアを採用したところ、メールを使わなくなっている企業もあるという。さらにメール自体が業務の支障になっているケースも見聞きする。

 本稿では、電子メールの立場を再度確認しつつ、脱メールで生産性向上を果たした2つの企業の事例を紹介する。


ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -