レビュー
» 2015年12月01日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:デスクトップ・クラウドでシステムを刷新、iPod touchを看護師1人1台配布して業務効率化を実現した高知大学医学部附属病院

高知大学医学部附属病院は、デスクトップ・クラウド導入で端末のパフォーマンス向上とセキュリティ強化、運用負荷を軽減を、iPod touchとモバイル端末管理サービスで看護業務の効率化を実現した。同病院の取り組みを詳しく見ていこう。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 電子カルテ導入などIT化を推進してきた高知大学医学部附属病院では、IT環境に関していくつかの課題を抱えていた。従来のシステムではパフォーマンス上の問題がある上、850台のPC端末の運用負荷が増大。また、看護業務専用PHS端末が高価なため、看護師間で共有するなど不便で保守費用も大きかった。加えてUSBを媒介としたウイルス感染の懸念も高まっていた。

 同病院では上記課題解決のため、IBMデスクトップ・クラウドの導入を決定。サーバを仮想化、病院内のアプリケーションとデータを統合し、端末側には仮想デスクトップ環境を提供。これを機に端末を刷新、シンクライアント端末600台、PC360台、iPad50台を導入した。あわせて、看護師用の専用PHS端末をiPod touchに変更、管理にはセキュリティ機能が豊富なIBMのモバイル端末管理サービスを採用。これにより、600人の看護師に1人1台のiPod touchを配布、利便性向上と保守コストの削減を実現した。

 本資料では、同病院のデスクトップ・クラウド導入までの経緯や具体的な導入効果を、構築概要図、関係者のインタビューなどを交えながら解説。さらに高品質な医療の提供に向け、ITに期待する役割と展望も紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ