レビュー
» 2015年12月11日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ビッグデータ時代にスケールアウトNASが選ばれる3つの理由

多種多様かつ超大量なデータと効率的に格納していくためには、従来のNAS構成では限界がある。ビッグデータの活用していく現在のビジネス環境に適した「スケールアウトNAS」の3つの特徴を解説する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 大規模な仮想化や非構造化データの増加、分析・解析データの増加は、「ビッグデータ」の潮流となって企業ITの姿に変化をもたらした。販売されるストレージ容量の80%がファイルベースのデータ用となるといった調査会社の予測データもある。

 社内業務で増え続けるMicrosoft Office文書やPDF、画像データ、データ分析用のローデータやデータベース、CADや3Dシミュレーションの設計・製造データ、商用サービスのストリーミングデータやインターネットのアクセスデータなど、ビッグデータを構成するデータは多種多様だ。こうしたデータを格納するストレージは、従来のNAS構成では限界がある。ではどのようなストレージが適しているだろうか?

 本コンテンツでは、従来の課題を解決しビッグデータの格納を効率的に行える「スケールアウトNAS」を3つの特徴で解説する。また、大日本印刷や音楽配信サービスのレーベルゲートなどにおけるスケールアウトNAS活用事例も併せて紹介している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -