ニュース
» 2015年12月16日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:今注目のITキーワード「SDS」の正体を探る

新しい技術である「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)が注目されている。しかし、ときとしてIT部門を惑わす結果を招いてしまう。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 「ハイパーコンバージドストレージ」と「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS:Software-Defined Storage)と呼ばれる新しいキーワードが注目されている。中でも、SDSはエンタープライズストレージ業界で今最もホットなテクノロジーの1つだ。米VMwareから米IBMまで、さまざまなベンダーがSDS製品をリリースしている。

 「そもそもSDSとは何か」、その概要や導入メリットなどを整理してみよう。


ホワイトペーパーダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ