レビュー
» 2016年01月26日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ビッグデータ分析に必要な7つのステップとは?

ビッグデータを扱う技術やツールが整い、先行するライバル企業は既にビジネスに活用して成果を出し始めている。後れを取るわけにはいかないが、一体何から始めればいいのか……。ビッグデータの特異性にも着目し、データドリブン経営へのステップを解説する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 テクノロジーの進化とストレージ価格の低下により、取り扱いやすくなったビッグデータが、ビジネスに大きなインパクトを与えている。データ分析を行うには、データソースは広ければ広いほど良い結果が得られ、新しい気付きや発見がある。データにビッグデータを加えることでより大きなインサイトを得ることができ、ビジネス課題の解決や売上向上、コスト削減に貢献する。このように、ビッグデータを扱う技術やツールが整備され、価格も安価になり、ビッグデータ活用の重要性も十分理解しているにも関わらず、企業経営者の課題は「何から始めればよいのかわからない」という点に集約されているのが現状だ。

 本ホワイトペーパーでは、ビッグデータ分析に必要な7つのステップを順を追って解説する。また、そのステップを実行する上で、通常のデータ分析におけるデータ処理では顕在化しなかったビッグデータ分析ならではの5つの課題が浮上すると分析。その課題解決に適したソリューションを紹介し、高速データ処理がビッグデータ分析にもたらす価値を探る。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -