レビュー
» 2016年02月18日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:トップが語る「真の次世代ファイアウォールはここが違う」

近年、企業を狙う攻撃はさらに複雑化、高度化する中、企業はこれまでのセキュリティ戦略の再考を迫られている。新しい脅威に対抗するために、次世代ファイアウォールに求められる真の要件とは何か?

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 アプリケーションを安全に活用するには3つの方法がある。1つはアプリケーションのブロックだ。アプリケーションに脆弱性攻撃や情報漏えいがあるかどうか確認できないならブロックするほかないからだ。2つめはリスクに目をつぶりアプリケーションを通すこと。3つ目は次世代ファイアウォールの導入だ。

 本コンテンツは、Palo Alto Networksのファウンダー兼CTOのNir Zuk氏に次世代ファイアウォールの真の実力についてのインタビューを収録したものだ。競合他社も同じ問題意識を持ち、リスクも認識している中、同社の次世代ファイアウォールと他社製品との決定的な違いはどこにあるのか聞いた。また、日本企業が標的型攻撃においてとるべき対応、なぜネットワーク内部からデータセンターへのアクセスにセキュリティが必要なのかについて解説。同社の次世代ファイアウォール新製品の対象となる企業や用途についても紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -