ニュース
» 2016年03月14日 17時00分 UPDATE

Weekly Memo:Microsoft AzureとIBM Watsonが出会う日 (1/2)

ソフトバンクロボティクスとマイクロソフトが「Pepper」と「Microsoft Azure」を活用した分野での協業を発表した。Pepperは「IBM Watson」も活用できる。これを契機に新たな連携も考えられそうだ。

[松岡功,ITmedia]

PepperがAzureと出会って生まれた“クラウドロボティクス”

 「Pepper meets Microsoft Azure――PepperがMicrosoft Azureと出会って生まれた“クラウドロボティクス”という分野で、これからイノベーションをどんどん起こしていきたい」

 日本マイクロソフトの平野拓也社長は3月8日、同社とソフトバンクロボティクスが共同で開いたクラウドロボティクス分野における戦略的協業の発表会見で、こう強調した。協業の契約はソフトバンクロボティクスと米Microsoftが締結した形だ。

Photo “クラウドロボティクス”の誕生

 両社は協業の第1弾として、人型ロボット「Pepper」とクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を活用したクラウド対応ロボットを実現。マイクロソフトの大画面コラボレーションデバイス「Surface Hub」およびタブレット端末「Surface」を使って、クラウド対応ロボットが来訪客のニーズに応じた接客を行う小売業向け店舗ソリューション「未来の商品棚」(仮称)を共同開発し、2016年秋に日本市場で提供開始する計画だ。

 未来の商品棚では、店頭に配備したPepperやSurface Hub、SurfaceなどをAzureに接続して店頭での顧客行動やPOS売り上げなどの膨大なデータを取得。スマートフォンやEコマースなどのオンラインにおける同様のデータと統合した上でAzure上にある「Azure IoT Suite」で解析を行う。

 その解析情報をもとに、オムニチャネルで顧客のニーズをリアルタイムで把握し、そのニーズに沿った商品をSurface HubやSurface上で表示したり、Pepperが提案したりすることが可能になる。店頭での接客を重ねることで、Azure IoT Suiteの機械学習機能を通して、よりプロアクティブで適切な「おもてなし」を実現できるとしている。

 今回のソリューションについて、ソフトバンクロボティクスの冨澤文秀社長は「今後の小売店にとっての、最適な応対スタイルの1つになると期待している。日本市場を皮切りに、グローバルにも提供していく計画だ。Pepperについては、これから業種別にさまざまなソリューションを展開していきたい」と語った。

 また、日本マイクロソフトの平野氏も「消費者にAzureをより身近に感じてもらえる素晴らしいソリューションだ。今後もクラウドロボティクスの可能性を追求していきたい」と意欲的に取り組む姿勢を示した。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ