レビュー
» 2016年03月16日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:スマホの業務利用、セキュリティ対策の落とし穴とは?

BYODを含むスマートフォンの業務利用が増えている。その用途の大半は、メールとWebアクセスだが、一般的なセキュリティ対策で問題はないだろうか。本項ではブラウザとメールアプリの挙動をチェックして、セキュリティ対策の盲点について考えていく。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 速に普及したスマートフォンは、コンシューマ市場のみならず、法人でも導入が進んでいる。また、私物デバイスの業務利用(BYOD)も増えてきた。PCに劣らない機能を備えるスマートフォンだが、現時点での利用用途は「メール」と「Webアクセス」が上位を占める。利用するアプリもメールアプリとブラウザアプリが中心だ。

 本資料では、スマートフォンの中心的な利用用途である「メール」と「Webアクセス」に焦点を当ててセキュリティ対策を考える。一般的なセキュリティ対策として、データを端末に残さない、ネットワークをクローズドにする、紛失した端末にデータが存在する前提で遠隔ロックやワイプなどの対処を行う、といったことが挙げられる。資料では、ブラウザとメールアプリの挙動を細かくチェック。添付ファイル表示などでデータをダウンロードして保存した認識はなくても、端末内にデータが保存されているケースに着目する。意図するしないに関わらず、端末内にファイルが保存され得る環境だと指摘する。

 このような環境下で効果的なスマートフォンのセキュリティ対策とはどのようなものか。また、具体的な方法としてどのようなアプローチが考えられるのか。詳細は資料で確認してほしい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -