レビュー
» 2016年05月16日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Windows Server 2012 R2移行の“落とし穴”。知ってて損はない、その回避方法とは?

2015年7月15日にサポートが終了する「Windows Server 2003」のユーザーにとって、「Windows Server 2012 R2」への移行はできるだけ労力をかけずに済ませたい課題だ。しかし最新OSへの移行を省力化のみの観点で進めようとすると、思わぬ“落とし穴”が待っている。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 サポート終了間近のOSを最新版へ移行するという作業について、時間も労力も、そしてコストも最小化したいという企業は多い。その考え方は間違いではないが、省力化したいがあまり、「移行作業のみを請け負う業者に任せておしまい」では思わぬ“落とし穴”に陥る危険がある。

 ソフトウェアであるOSのバージョンアップは本来、既存のシステム環境を改善し、ライセンスやハードウェア関連費用を最適化するチャンスだ。例えばサポート終了間近の「Windows Server 2003」や長年利用している「Windows Server 2008」を「Windows Server 2012 R2」へ移行する際、システム全体の現状解析によって非効率なライセンス利用や隠れていた不具合を発見することは多い。

 また現状をつぶさに把握することで、最新OSのメリットを最大限に引き出す仮想化やモバイル化などの活用プランを具体化でき、業務効率化の可能性も高まる。OSの移行を機にシステムを解析し、あるべき姿に再構築していくことこそ、システムマイグレーションで心掛けたいスタンスと言えよう。本資料を参考に真のビジネスパートナーとなるサービスを探してほしい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -