レビュー
» 2016年05月17日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:“サーバ専任不在”でもWindows Server 2012 R2移行を成功させる賢い選択とは?

専任のIT担当者がいない組織にとって、「Windows Server 2003」から「Windows Server 2012 R2」への移行にはさまざまな不安がつきまとう。しかしメニュー豊富なサービスを活用することにより、OS移行をサーバのコントロール能力を取り戻すチャンスとすることができる。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 専任のIT部門がない組織、あるいは導入当時を知るスタッフが既に退職している場合などは、長年利用している「Windows Server 2003」をインストールした経緯さえ不明になっているケースが多い。当然、こういうケースでは「Windows Server 2012 R2」への移行方法も明確になっていない。

 少数の専任者や兼任者がいる場合でも、過去の経緯やシステム全体の把握ができていないと、最新OSへの移行は新たなコスト負担を招くだけのものになってしまい、障害が起きた場合はリブートが唯一の解決手段、という状況が引き継がれるだけである。

 本来、Windows Serverの移行はActive Directoryやファイルサーバなどを含めたシステム最適化の機会となるものだ。まさにサーバをコントロールする能力を取り戻すチャンスなのだ。前向きなマイグレーションを実行するには、システムの企画/設計/検証からハードウェア/ソフトウェアの導入までを包括的に提供できるパートナーを選択することが望ましい。こうした事業者はサーバOSの移行を「新環境の構築」として捉え、移行後の運用で利用できるドキュメントの提供サービスも用意している。本資料をベストパートナーを見つけるための資料として活用してほしい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -