レビュー
» 2016年05月23日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:メッセージを40分の1に減らし、障害対応をナビゲーションする新発想のツールとは?

さまざまなメッセージや対応依頼であふれるシステム運用の現場だが、ノウハウは属人化しており対応に手間取るケースが多い。自動化と手動運用の「いいとこどり」の運用管理ツールなら、必要な情報を選び、正しい対応へと導いてくれる。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 システム運用の現場は、ユーザーや開発部門からの多様な要求や監視アラートが飛び交い、情報があふれている。また、環境や運用ルールはシステムごとに異なっており、ノウハウの共有や可視化が進んでおらず、障害発生時に手間取ることが多い。自動化の導入は単純な対応には向くが限界がある。どうすれば現場にあふれる情報をコントロールし、運用の属人化を避けられるのか。

 本資料では、自動化と手動運用の「いいとこどり」の運用管理ツールを紹介する。氾濫するメッセージには高度なフィルタリング機能で運用担当者が対応不要なイベントを切り分け、自動で対応する。人が対応すべき作業はウィザード形式で指示を出す。資料では、ツールがどのように機能し、効果を発揮するか、障害発生時や通常運用時など運用場面ごとに事例を示しながら解説していく。運用業務で発生する障害の7割は人的ミスだという。導入により、運用担当の障害対応メッセージを40分の1に減らしたツールの詳細を、ぜひ資料で確認してほしい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -