レビュー
» 2016年05月26日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:中堅・中小企業が競争に勝つためのネットワークインフラ活用法

中堅・中小企業が自らの競争力を高めるには、高度な生産性リソースへの効率的なアクセスの確保が肝要となる。中堅・中小企業が競争に勝つためのネットワークインフラの活用について考えていこう。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 地域や業種を問わず、中堅・中小企業では生産性と業績向上に対する圧力が高まっている。一般的なビジネスやテクノロジーのメディアでは、最新のクラウドやモバイルアプリケーションに注目が集まっているが、中堅・中小企業においては、基本的なネットワークの基盤がテクノロジー導入のメインとなっている。

 IDCの調査によると、中堅・中小企業のテクノロジー支出における優先事項は、ネットワーク能力の改善だ。大企業では多様な社内ソリューションの開発や外部ソリューションの調達が可能だが、中堅・中小企業では、自社のニーズに有効に対応できるソリューションの利用は限られている。こうした中堅・中小企業のための「ライトサイジング」の課題は、下記の3点になる。

  • ネットワークは、モビリティおよびクラウドによる需要の増加に対する準備が整っているか
  • 効果的な運用とコントロールを確保するための管理リソースが整備されているか
  • 従業員が利用するエンドポイントのセキュリティは万全か

 本ホワイトペーパーでは、中堅・中小企業がネットワークインフラの活用で得られるメリットについて解説。それを踏まえて、中堅・中小企業が競争に勝つための、自社に適したネットワークソリューションの選択方法について検証していく。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -