ニュース
» 2016年06月01日 08時00分 UPDATE

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:第23回 非Linux環境のDocker、プレステも採用する“あのOS”で動かす意味 (1/4)

実はLinuxではないOS環境でもDockerは動きます。でもWindowsではありません。今回はプレステにも搭載され、これからのIoT時代に主役になるかもしれない、あのOSでDockerを動かす理由を紹介します。

[古賀政純(日本ヒューレット・パッカード),ITmedia]

 ちょっと趣向を変えて、非Linux環境におけるDockerの話題です。実は、LinuxではないOS環境でもDockerが動くのですが、そのOSとは何でしょうか? 今回は非Linux系のサーバOSの利用環境、異種OS環境の歴史や筆者の体験談を交えつつ、非Linux環境におけるDockerに迫ります。

 連載第20回21回22回では、筆者が東京のお台場にある日本科学未来館で開催された「GAME ON 〜ゲームってなんでおもしろい?〜」という企画展に行った話をお伝えしました。この企画展は、歴代の家庭用ゲーム機や業務用ゲーム機を楽しめるだけでなく、ゲーム産業の発展の歴史において重要な役割を果たしたコンピュータの進化、ゲーム機本体の進化にも焦点があてられ、歴代のマイクロプロセッサ、記憶メディア、さらには日本が世界に誇るゲーム機「プレイステーション」のシステムボードが展示されていました。

PS4のシステムボード。記事タイトルにもある通り、ここに搭載されているOSが今回の主役です

 展示会場で「プレイステーション4」(以下、PS4)のシステムボードを目にした筆者は、あることを思い出しました。それは、PS4に搭載されているOSです。読者の皆さんは、PS4に搭載されているOSが何かご存知ですか? Windows? 専用OS? それともLinux? 「ゲーム機のOSなんて考えたこともないし、ITと何が関係あるの?」と思うかもしれませんが、PS4には「Orbis OS」(オルビス・オーエス)と呼ばれるOSが搭載されています。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -