ニュース
» 2016年07月22日 14時00分 公開

週末エンプラこぼれ話:「Pokemon Go」をBIで分析すると……?

ついに日本でもプレイ可能となったスマートフォンアプリ「Pokemon GO」。先行リリースした米国では、Power BIのコミュニティーメンバーが役立つデータをダッシュボードでまとめている。ゲームの攻略サイトがダッシュボード化する時代も近いかも。

[池田憲弘,ITmedia]
photo ついに日本でも「Pokemon GO」の配信が始まった

 位置情報を活用し、現実世界でポケモンを探すスマートフォン用ゲームアプリ「Pokemon GO」。7月22日に日本でも配信が始まったが、早速ポケモンを探しに出かけた方もいるのではないだろうか。

 2週間ほど早くアプリがリリースされた米国では、MicrosoftのPower BIコミュニティーメンバーがPower BIを使い、Pokemon Goに登場するモンスターのデータを集約したダッシュボード(参照リンク)を作成している。各ポケモンの相対的な能力値(HP、攻撃力、防御力、特殊攻撃、特殊防御、すばやさ)を確認できるほか、タイプごとの平均値などを見ることもできる。

photo Power BIのダッシュボードの画面。これを作るために151匹全部捕まえたのだろう。お疲れさまです……

 週末にポケモンを捕まえに出掛ける予定があるなら、BIを活用して“攻略”してみてはいかがだろうか。これからアプリをダウンロードするという方は、くれぐれも偽アプリをインストールしないよう、気を付けていただきたい。

関連キーワード

BI | ポケモンGO


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -